ヲサーンがコスしてカラオケとかw

/*文字ブル*/

 ヲサーンがコスしてカラオケとかw

コスプレしてカラオケで歌っているヲサーンです。

どぉしてもリセットボタンを押したい!・・・でも現実は変わらないという葛藤を書く。

スポンサードリンク

f:id:osappiro:20160731010505p:plain

女性に生まれたかったヲサーン

こんにちは!おさっぴろでぇす。

昨晩も女装して歌った。

我ながらよくも飽きないものだ。


しかし、帰途につきながらふと思った。


「女性に生まれてればなぁ・・・」


人間には自分の意志では、どうにも出来ない事がある。

私の最大のそれは、男性に生まれた事だ。


もし、女性に生まれていたならば。

少なくとも女装願望という悩みは無くなっただろう。


あと10年若かったら、タイで手術しちゃうのにぃ・・・。

今でも真剣に思っている。


リセット技

ウィザードリィというRPGで遊んでいた。

このゲームはパーティを組んで敵と戦う。


だが、恐ろしく強力な敵が居るゲームとして有名だった。

例えば、即死攻撃をしかけてくる敵。

ダメージの数値に関係なく自分や仲間が死ぬ。


もっと酷いのが、エナジードレインだ。

これは攻撃を受けると、こちらのレベルが下がってしまうというものだ。

敵によっては2とか3とかレベルダウンをされる場合があった。


レベルが下がれば、生命力や他のパラメータ全てが下がる。

すなわちパーティが弱体化する。

これを取り戻すのは、容易な事ではない。


この場合によくやったのが、リセット技だ。

戦闘が終了しないうちに、リセットボタンを押すのだ。

そして再度ゲームを読み込むと、戦闘前の状態から始まる。


つまり「なかったこと」になるのだ。

ファミコン版の場合です)


ワタクシはこの技をせこせこ使って、パーティを強くしていった。

しかし現実はリセット出来ない。

未来に向かって行動する事で、変える事は出来るかもしれないが。



・・・やはり、タイで手術しちゃえばよかった(T▽T)


リセット願望は誰にでもある!


リセットボタンを押す、何かをリセットする。

この概念を使った創作というのは、実は多数存在する。

みんなリセットへの願望があるというコトなんだね。


事例をいくつかあげてみる。

人生リセットボタン

ボカロで「人生リセットボタン」という曲があった。

あまりにも有名な曲で、ゲーム「太鼓の達人」にも収録された。

タイトルをご存じの人は多いだろう。

目が覚めたら 人生リセットボタンが

そこに 転がってた

ダメダメそんな人生 

耳鳴りが邪魔するんだ

ああ、誰かしらそうやって 

叱ってくれればよかったんだ


人生がリセット出来るならば、アナタはボタンを押すだろうか?


運命のボタン


2009年の映画。

簡単にあらすじを書く。



平凡な夫婦のところに、ボタンのついた箱が届く。

やがて見知らぬ男が訪ねてくる。


「ボタンを押せば、あなた達の知らない誰かが死ぬ」

「代わりにあなたたちには大金が手に入る」と告げる。

(押さないという選択肢も、もちろん可能だ)


当初夫婦は葛藤するが、結局ボタンを押す。

するとほどなくして男が現れる。

男は夫婦に金を渡し、ボタンを回収する。


そして帰り際、男は夫婦に告げる。

「このボタンはあなた達の知らない別の誰かに渡されます」と。



これは直接の人生リセットではない。

だが人生をやり直せるくらいの大金が手に入る。

(映画では100万ドル)


この場合、アナタはボタンを押すだろうか?


(・・・結末を知ると押せないかw)


ちなみに30年くらい前の海外ドラマ。

「新トワイライトゾーン」にも同類の話がある。「欲望のボタン」という名前だ。

こちらは30分程度のショートストーリーだが、上記のあらすじと同じだ。


渚にて



50年以上昔の小説。映画化もされている。

核のボタンが押されてしまって、生き残った人物の葛藤を描いている。

前述の二作品と異なり、既にもうリセットが出来ない状況だ(T▽T)


なお映画版の方は、ラストシーンで人の全くいない街が映し出される。

(人類の滅亡を示唆している)


見終わった後、自分の悩みなんてもぉどーでもよかったナ・・とすら思う。

ある意味、気持ちをリセットさせてくれる作品といえる。


まとめ

わかりきった事ではあるが、人生はリセット出来ない。

だが未来に向かって行動する事で、結果を変える事は出来る。


それでも前述したように、リセットの創作が多いというコトは何故だろう?

きっとみんな同じなんだ。

葛藤しながら今日を生きているからなのだろう。


と、結論付けてみる。

それでは今回はここまで。

皆様、良いリセット・リスタートををを!