ヲサーンがコスしてカラオケとかw

/*文字ブル*/
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

 ヲサーンがコスしてカラオケとかw

コスプレしてカラオケで歌っているヲサーンです。

ジジイになったら行く場所が無くなるっっ!?シニアのたまり場を真剣に考えてみる。

スポンサードリンク

f:id:osappiro:20160803094940p:plain

おお・・・よく来てくださったのォ、おさっぴろじゃよ。

まずは今回の記事の前書きをどぉぞ。



今回、ジジイという単語が頻繁に出てきます。

しかしながら、決してお年寄りをバカにしている訳ではありませぬ。

記事を書いてるヲサーンは、既にジジイ寄りな世代です。

そしてみんなもいつかはジジイです(女性はBB・・A?)

ジョジョの奇妙な冒険で、孫の承太郎がジョセフに対し「おいじじい」と呼ぶ感覚です。(親しみを込めて)

悪しからず、ご了承いただけたら幸いでぇす。



先日の朝、マクドナルドで記事を書いていてびっくりした。

なんと、ヲサーン以外の客が全員ジジイだったのだ。


左を見てもジジイ。

右を見てもジジイ。

いやはやみんなジジイ。


どおしたの?

みんなおうちでごはん食べないのォ?

ここには肉肉しいメニューしかないんだよ?

とかなんとか思っていたが、皆様実に楽しそうだった。


新聞を読みふけるジジイ。

店員さんに話しかけるジジイ。

仲間うちで、談笑するジジイ。

いやはや参った。


ヲサーンのほうが孤独感を感じちまったヨ。

しかし一体どうしたんだ?

何故、マクドナルドにジジイは来るんだろうか?


来る理由を推測してみる

ずばり「ひまつぶし」ではなかろうか?

でもひまつぶしだけなら自宅でも出来るはず。


そうか!

やはり人との触れ合いが欲しいんだな。


積極的に話をするジジイ。

人の居る空間で、ゆったりと自分の時間を過ごすジジイ。

いずれも、自宅では出来ない事だ。


何故、マクドナルドに?

マクドナルドにいらっしゃる理由だが。

長居が出来るから・・というのがあてはまるだろう。


100円のコーヒー1杯でも、30分くらいは充分居座れる。

いや、居座る・・というと聞こえが悪い。

だが、楽しい時間が過ごせると考えればかなりお得だ。


また店によって差があると思うが。

店員さんが相手をしてくれるというのも大きい。


例えばこれが、コンビニならばどうだろう?

皆様も、店員さんに話しかけるジジイを見た事は無いか?

でもコンビニでは、わずかな間しか会話が出来ない。


場合によっては、ほかの客の迷惑にもなってしまう。

だからと言って、マクドナルドならばいいというコトにはならないけど。

コンビニよりは、比較的会話がしやすいのかなぁと思う。

(店員さん次第だけど)

だからジジイは、ここに集まるのだろう。


ひとごとではない

ヲサーンをはじめ、男性はみんなジジイになる。

金がたっぷり余ってて、ゴルフだの旅行だのを謳歌出来るジジイならば良いが。

大半の人はそうもいかないだろう。

ジジイがくつろげる場所を開拓するのも、ビジネスチャンスのひとつかなぁ?と考える。


カラオケまねきねこの「朝うた」

コシダカホールディングスの「まねきねこ」が朝うたというサービスをはじめた。

なんと昼12時までの、30分の室料が10円になるというモノだ。


f:id:osappiro:20160803061935j:plain

www.karaokemanekineko.jp


(開始時刻は店により異なる。また10時59分までの入室が条件となる)


これもジジイ・・・いやシニア向けのサービスを狙ったモノだろう。

しかしヲサーンは思った。


「これ・・・儲かるの?」と。


よくよく条件を見ると、しっかりと「ワンドリンクオーダー制」と書いてある。

だから実質10円では無いわけだ。

そうなると単純に居場所という点では、前述したマクドナルドの方が安価だ。


しかしながら、朝から大声を出して歌ったら気持がいいだろうねぇ。

ストレス解消にはピッタリだ。

しかも歌うという目的で、シニアが交流するきっかけにもなるだろう。

これらの付加価値を考えると、朝うたという試みは決して悪くない。

むしろ、カラ部屋にもユーザーにもメリットのある、ベストな施策だと思う。


もっとも、

「わしゃ歌なんか歌わん!」


というジジイもいるだろう。

だけど、

「朝うたでオフ会をやっちゃうゾォ!ワシ好みの女性は居るかな・・グヘヘ」


というジジイの方が、個人的にはベタで好きだw

まだサービスが開始されて間もないが、定期的に様子見していこうと思っている。


まとめ

ブロガーとは潜在需要を掘り起こし、読者の共感を集める役割があると思う。

今回の「シニア向けのビジネス」ひとつとっても、まだまだ需要があるはずだ。

という訳で、ヲサーンも行き場がなくなる前にいろいろと考えてみたw


それでは本日はここまで。

皆様、良いジジイライフををを!