ヲサーンがコスしてカラオケとかw

/*文字ブル*/
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

 ヲサーンがコスしてカラオケとかw

コスプレしてカラオケで歌っているヲサーンです。

調子を上げるために、カタマリ肉を喰らう。

おさっぴろ。

スポンサードリンク

肉、喰いてーッ!!

f:id:osappiro:20160809095928p:plain

おさっぴろでぇす。


毎日まいにち暑いネ!

こんな時、人は二つのタイプに分かれる(と思う)


▼ 暑いから、肉が喰いたくなる人。

▼ 暑いから、肉を見るのもイヤだという人。


私はもちろん前者だ。

あなた様はどちら??


というわけで。

後者の方はごめんなさい。

前者の方はいらっしゃい♪


今日は肉を喰らう話を書く。


「肉を喰らう」の定義を決めよう

肉とひとコトで言ってもさまざまだろう。

牛・豚・鳥・・・それ以外にもいろいろあるし。


スライスした肉もあれば、カタマリ肉もある。

調理方法もさまざまだよねぇ。


あまり拡げても書ききれない。

独断で恐縮ながら、当記事では以下の条件とさせていただこう。


▼ カタマリ肉。

▼ 焼いた肉。


なお、これらの理由だが。

「喰らう」という表現には、薄い肉をほおばるというより、

デカいカタマリにかぶりつく・・といった方が合う気がする。

だから、カタマリ肉にした。


また調理方法だが、これは焼くに限る。

生で喰うなら別だが、他の方法では時間がかかる。

焼くならあっという間だ。


肉を喰らうのに、悠長に待ってなどいられない。

素早く焼いて、アツアツをほうばりたい。


それから・・・。

肉がジュージュー焼けるのを見るのって、興奮しないかい!?
太古の狩猟民族の血が騒ぐのだろうか?


・・・わからん(T▽T)

肉を焼こう

f:id:osappiro:20160809093727p:plain

というわけで、今回は家で肉を焼いた。

スマホ画像でスマソ)

霜降りじゃないヨ。

いわゆる赤身肉だ。


ただ・・がっつり喰いたかったから、450gのカタマリ肉を買った。

スジを切って、下味を付けて、後は焼くだけ。


f:id:osappiro:20160809093800p:plain


これなら不器用なヲサーンにも、簡単さッ!

出来立てをナイフでざくざく切る。

で、焼肉ソースを付けてアツアツをほおばる。



・・・んまかった(//▽//)

霜降りのようにとろける感覚は無いけど。

プリプリしててジューシーだった。


ああ・・ヲサーン生きてる。

生きてるよォォ!と。

肉を喰らいながら、生を噛みしめた夏の夜。


おまけ

漫画やゲームにも、数えきれないくらい肉は登場した。

いくつか見つくろってみたい。

はじめ人間ギャートルズ


ワタクシのような中年になると「ギャートルズ」を思い出す。


マンモ肉のかたまりを喰うシーンに憧れた。

ギャートルズの世界では、肉がやたら柔らかそうに見えるのも特徴だ。

(彼らのアゴが強靭という説もw)





カプコンモンスターハンター


f:id:osappiro:20160809081649p:plain

(ロゴは元祖モンハンのもの)




最近やってないけど、いっときモンハンにもハマっていた。

モンスターを狩猟し、解体し、焼く。


「上手に焼けましたー!」のシーンが好きだったのだ。

埼玉県にある「カプコンカフェ」にも行ってみたい・・。


f:id:osappiro:20160809080728j:plain

www.capcom.co.jp



最後に漫画やゲームじゃないが、過去にこんな記事もあげてたっけな。


www.osappiro.com



他にもたくさんあると思うが、今回はこの辺で。



まとめ

という訳で肉だ。

調子を上げたい時、きっとまたヲサーンは肉を喰らう。


でも今度は焼肉屋に行きたいなァ!

本当は焼肉の記事を書きたかったが、友人が居ないから家で肉なんだよ(T▽T)

(ネタばらしw)



という訳で本日はここまで。

皆様、良い焼き肉ををを!!