ヲサーンがコスしてカラオケとかw

/*文字ブル*/
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

 ヲサーンがコスしてカラオケとかw

コスプレしてカラオケで歌っているヲサーンです。

ヲサーンはスウェーデン人になりたかったのだ!

おさっぴろ。

スポンサードリンク

f:id:osappiro:20160909095718j:plain

まずは、おことわりを・・・

レッツ、スウェーデン人化!
おさっぴろでぇす。


あらかじめお断りしておくが、本日の記事は下品だ。
(いつもそうだろ?とか言わないで・・・w)

特に女性は不快に感じてしまうかもしれん。

また、スウェーデンの方への憧憬が頻繁に出てくる。
しかしながら子供の頃の妄想がベースになっているので、かなり発想が偏っている。
とはいえ決して、スウェーデンの方を馬鹿にする内容ではない。
その点をご理解いただければうれしい。

ではいってみよう。


スウェーデン人になりたかったんだ

実はヲサーンね、子供の頃スウェーデンになりたかったんだ。
ひとつ目の理由がこれ。

▼ ニルスの不思議な旅

若い人は知らんかもしれないが、80年代のテレビアニメだ。
とはいえもともとはスウェーデンの女性作家、セルマ・ラーゲルレーヴさんのれっきとした文学作品だ。

1980年に日本でテレビアニメが制作された。アニメーション制作はスタジオぴえろ。本放送は1話29分で全52話。当時の学習研究社持株会社制移行後は学研教育出版教育ICT事業部ディジタルコンテンツディビジョンに管轄移行)が制作し、NHK総合テレビで同年1月8日から1981年3月17日まで放送された。

後にテレビ東京系列やUHF系列、さらにCSのファミリー劇場で再放送され[2]、NHK衛星第二放送では本放送に準じたオリジナル版(1992年の衛星アニメ劇場での再放送)ならびに民放版(予告やエンディングが省かれたもの)の両方が放送された。2010年3月からキッズステーションで、2010年4月13日からTwellV[3]で、いずれも本放送に準じたオリジナル映像のデジタルリマスター版が放送された。

Wikipediaより引用)



この頃ヲサーンはまだ汚れを知らぬ、目がキラキラした少年だったのだ。
妖精に小さくされてしまった、少年ニルスの行く末にはらはらした。そしてガチョウのモルテンと旅する姿にわくわくしたものだ。
しかしそんなワタクシを横で見ていたが、ニヤニヤしながら言った。


「このアニメはもともとスウェーデンの話なのか・・・。うん、スウェーデンはいい。間違いないからな」


この時、ワタクシがどう応じたかは覚えていない。
しかしその時のワタクシには、この言葉の奥に隠されたが、まだわからなかったのだ。


お宝本をハケーン

同じころ、物置から大量のあっはーんな写真集を見つけた。
そこには金髪の女性がこれでもか!!と載っていて、少年だったヲサーンは頭がくらくらした。

そしてすぐにこれが、親父のコレクションだという事を知った。
更にこれらが、スウェーデン製の写真集である事を知ったのは、も少し後だ。
ちなみにワタクシはこれがきっかけで、反抗期に突入していった。
だが同時に、スウェーデン女性の素晴らしさを刷り込まれた時期でもあったのだ。


スウェーデン食わぬは男の恥?

中学になると、ワタクシの中ではもう、スウェーデン女性こそ最高!!というイメージが刷り込まれていた。
というのも、親父のお宝本をコソーリ愛読していたからだ。

そしてこの頃、更に衝撃的な情報を知る。

何気なくテレビを見ていたら、裸の男女がサウナに入っていた。
モザイクがかかっていたが、二人とも裸だ。もうこの時点で、こ、この国やべぇ!と思っていた。

どこだと思ったら、ああ、やっぱりスウェーデンだw
それにしても、コタツに入ってせんべいを食いながら、のんびりテレビを見ているワタクシと、このアクティブな男女の格差に萎えた。

しかし同時にスウェーデン人への憧れが更に強くなった。
もうこれは、スウェーデンに行くしかない。
いや、スウェーデン人になるしかない、そう思っていた。


金髪に憧れる

どうやらワタクシは思い込みが激しい性格らしい。
スウェーデン人になる事を考えると、ご飯もろくにノドを通らなくなった。

とりあえずマッハで薬局に行き、オキシドールを調達した。
そして頭にたっぷりと付けたが、パートから帰ってきた母親にみつかり、しこたまぶたれるハメに陥った。

今でこそ、髪を染める事は珍しく無くなったが、ヲサーンの時代は不良のはじまりと思われていたのだ。
つまり母親はワタクシがグレたと思ったらしい。

スウェーデン人になりたかっただけなのに・・・。


この頃は、ワタクシの身勝手なスウェーデン人に対する憧れのせいで、家庭内も荒れ放題だった。
ワタクシはオキシドールで金髪化を図ったが、中途半端な茶髪にしかならず、ひとりやさぐれていた。
更に親父のお宝本も母親に見つかり、離婚寸前までいった。
今でこそ笑い話だが、ひとつの家庭を崩壊寸前まで追い込むスウェーデンパワーとは、恐ろしいモノだった。


金髪女性を追い求める ~ そして挫折

成人になっても、スウェーデン人に対する情熱は冷めないどころか、ますますアツくなっていた。
自身がスウェーデン人になれないなら、もうスウェーデン人と結婚するしかないと思っていた。

この頃、合コンに頻繁に誘われたが、金髪女性以外には全然興味を感じなかった。
いくつもある出会いのきっかけをフイにし、ヲサーンはひたすら金髪女性を追い求めた。

そして就職すると、当然のごとく海外勤務を熱望した。
念願かなって海外勤務の部署にはなったが・・・なんとアジア地区だったw
(特に中国がメインw)

これでは、金髪女性に出会う事はかなわない。ヲサーンの夢はあえなく終わった。
そして現在は海外勤務も終わり、日本に戻っている。

しかしこうして振り返ってみると、スウェーデン人に振り回された半生だったなぁと思う。
(・・・いや、自分のせいだろw)
「IKEA」に買い物に行くたびに、当時の自身を思い心が痛くなる。


シメのひとこと

なお、サウナの発祥はフィンランドらしい。
だからという訳ではないが、最近はフィンランドも素晴らしいなぁ・・・と思っている。

▼ フィンランド出身の選手 キーラ・コルピさん


はつらつとしたカワイイ娘だよなァ・・・(//▽//)
みんなもそう思わない??



・・・こりないヲサーンである。

それでは本日はここまで!
皆様、良いスウェーデン化(?)ををを!!