ヲサーンがコスしてカラオケとかw

/*文字ブル*/
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

 ヲサーンがコスしてカラオケとかw

コスプレしてカラオケで歌っているヲサーンです。

これは能力なのか!?こんなのいらんゾォ!・・・って能力を3つばかり書く。

スポンサードリンク

レッツ!特殊能力ハケーン。
おさっぴろでぇす。


いきなりだがワタクシには、他の人に無い特殊能力が備わっているらしい。
確かにワタクシは変わり者だ。コスプレしてカラオケで歌っているヲサーンなど、アナタ様の周りにいるだろうか?・・・いないよねぇ(T▽T)


だからという訳ではないのだが、ある時から「ひょっとして・・ワタクシのこれは、特殊能力なんだろうか?」と思うような事が発生しはじめた。だが残念な事に、これらは人生を生きていくうえで、なんの恩恵ももたらしてくれないような能力ばかりだった。ずっと悶々としてきたが、せっかくなので今日はこの点を書いてみる。


能力1 電車で隣に座った人が寝ると、ほぼ100%寄りかかられる


(画像はイメージです)

いったいどうしたことか?地球の引力がなせる業なのか、それとも単にワタクシの体から何かの力が出ているのかは解らぬ。しかしながら、隣に座った人が寝ると、もうこれでもか!というくらい寄りかかられるのだ。・・もちろんワタクシも男だ。可愛らしいお嬢さんが寄りかかってきた時は、その娘の保護者になった気持ちで受け止めている。


しかしながら、こないだなんてポマードベッタリの親父の頭がゆっくりと迫ってきたのだ。あと数センチでワタクシにぶつかるスレスレで、座席から立ったらその人は転げ落ちてたよw・・・わずかにすまないとも思ったが、まぁ自業自得だなという気持ちが大半だった。


そんな訳で最近は、既にうとうとしている人の隣には座らないようにしている。でもこれが女子だったら、その娘の隣が空かないかなぁ!?と、隣の人にテレパシーを送り続けたりもするんだ(空かないけどw)


では次。


能力2 複数で食事しに行くと、ワタクシの料理だけがいつも最後に出てくる


(画像はイメージです)

どういう訳か料理が来ない。それもうどんとかカレーとか、とにかく簡単な料理を頼んだのにいつもワタクシが最後。いや、これはきっとスパイスなんだ。空腹を抱えて待った甲斐あって、誰よりも美味しく食べられるというスパイス。


そう前向きに思い待ち続け、ようやく来たうどんをすすろうとした。ところが鍋焼きうどんでもないのに、これが煮えたぎってぐらぐら状態だった事があった。・・・店が混んでて、どんどん他の客が来るもんだから、食べ終わった同僚はみんな会計しちゃって店出ちゃうし。ひとり汗だくになりながらうどんをふーふーして食べたよw


・・・でも汗だくになりながら食べたうどんはやっぱりんまかった。やっぱこれはスパイスだよ、たぶん。


では次で最後。


能力3 ゆでたまごがうまくむけない


(画像はイメージです)

いったいどうした訳か、ゆでたまごがうまくむけない。新しいたまごを使わないとか、塩を入れるとか、ゆでる前わずかにキズをつけるとか・・・みーんなやってみた!しかしながら、そんなワタクシをあざ笑うかのように、たまごの白身が殻にくっついているんだ。


ではむき方そのものが悪いのか!?・・・休日のたーっぷり時間がある時に、とってもゆっくり時間をかけてむいてみた。しかしダメだった!・・むき方の問題じゃあない。だって最初っからカラにくっついているんだよ。一体どーすりゃあいいのッ!?


ちなみにコンビニのゆでたまごも、まずキレイにむけた試しがない。でもこないだその話を、居酒屋で仲間に話してたら、マスターが煮たまごをサービスしてくれた。・・・ちょっぴりうれしかったゾ。


シメのひとこと

ようするにこうだ。

「ツイてないけど前向きに生きる」

どうやらこれが、ワタクシの最大の能力らしいw

という訳で、本日はここまでだッ!みんな良い能力開発をををッ!?(気持ち涙目w)