ヲサーンがコスしてカラオケとかw

/*文字ブル*/

 ヲサーンがコスしてカラオケとかw

コスプレしてカラオケで歌っているヲサーンです。

【カミングアウト】内緒でコスプレしてた事を嫁に告白する

スポンサードリンク

家族が居るのにコスプレしてた人

f:id:osappiro:20170216142945p:plain

レッツ、カミングアウト!!
おさっぴろでぇす。


ワタクシは、コスプレしてカラオケで歌っているヲサーンだ。顔にはお面を被っている。
半年以上ブログを書いているが、これまで一度も家族の話を書いた事はなかった。


しかし昨日の記事で、嫁と子供3人が居る事を告白した。

www.osappiro.com


そして、事実を隠したままブログを書くのはイヤなので、嫁にコスプレしている事を話すと書いた。



嫁のスペック

嫁の事を書いていなかったので、先にスペックを書く。

✔ 身長高め(160㎝くらい)

✔ 30代半ば

✔ 男顔(宝塚に居そうw)

✔ 性格も男前

✔ 必殺技:ドロップキック


このような感じだ。

補足すると、男前と書いたように、いわゆる竹を割ったような性格だ。
いい事も悪い事も、納得すればすぱっと受け入れ、後から愚痴をこぼしたり、人のせいにはしないタイプだ。


過去例を書く

嫁の性格について、ひとつ例を挙げる。
過去にワタクシが大酒を飲んで、救急車で運ばれた事があった。

この時は一か月禁酒と、更に反省文を書いて提出しろと言われた。そして禁酒中はたとえ取引先との接待であっても例外無しだった。そこは嫁は徹底していた。


嫁の言い分はこうだ。

救急車で運ばれる(=命を落とす危険性がある)事は、家族との信頼関係を揺るがす結果だ。だから禁酒で徹底的に反省しなければならないし、反省文を書いて戒めを忘れないようにしなければならない。

もしこの期間中接待で飲めず、仕事の機会損失があったとしても、優先順位は家族との信頼回復が先だ。

そもそも信頼関係は全てに優先する。この反省無くして、仕事の成功など無い。至極最もな考えの持ち主だったのだ。

という訳で、禁酒中は接待があってもウーロン茶で乗り切った。約束通り期間を終えると、その後嫁が愚痴る事は一切無かった。そういう人だった。


もうおわかりかと思うが、結婚から現在までワタクシは嫁に頭が上がらない。
このような状況でコスプレを告白するのは、とても勇気が必要だった。

ちなみに、告白せずに黙っているという選択肢もあったのだ。
だから、自分の背中を押す何かが必要だった。昨日の記事に書いたのはそのためだ。


もう後戻りは出来ない。



嫁に告白する

という訳で全てを話した。

以下やりとりを書く。子供が寝静まってから、夫婦の寝室での会話だ。


ワタクシ:「ちょっと話があるんだけど・・・」

嫁:「何?」

ワタクシ:「これを見て欲しい・・・」
(意を決して、ヲサーンがコスしてカラオケとかwのトップページを見せる)

嫁:「なにこれ?」

ワタクシ:「以前からパソコンでいろいろやってると言ってたじゃん。
・・・実はこの格好をして、ブログを書いてるんだ」

嫁:「冗談でしょ?」

ワタクシ:「本当だよ・・・」

(用意していた例のコスプレ衣装とお面を見せる)

嫁:「ハァ!?何この衣装ー!?・・・こんなのドコで買ったの!?」

ワタクシ:「昔、中国に居た時買った」

嫁:「中国・・・って、ずっと昔じゃん!?
・・・昔っからこんな趣味あったの!?」

ワタクシ:「・・・・・・・はい」

嫁:「(しばし絶句)・・・・・・・バカなの!?」

ワタクシ:「・・・・・・・・・・はい」


(嫁の表情がみるみる険しくなっていく。反対にワタクシはどんどん萎縮していく・・・)


嫁:「どこで着てたの、こんなの?」

ワタクシ:「・・・か、からおけ・・ですぅ・・・」
(緊張のあまり、タラちゃんみたいな口調になってしまった)

嫁:「店員に見られんじゃんっっ!?」

ワタクシ:「・・・・・・・・・・・・はいぃー」

嫁:「いったい何!?なんでこんな事してんのッ!?」

ワタクシ:「た、楽しいから・・・」

嫁:「もおやだ!聞きたくない!!寝る!!!」


泣かれてしまった・・・

嫁は背中を向けた。
ワタクシは次の言葉が見つからず、しばし押し黙ってしまった。


しかし、ここで異変に気付く。
嫁は泣いていた。男勝りの嫁がだ。


ワタクシは慌てた。
しかし100%ワタクシが悪い。おろおろしながら子供のように、ごめんなさいを繰り返すしかなかった。



しばらく時間が流れた。重くのしかかる苦しい時間だった。
「出ていけ!」と言われるだろうか?それともまさか「出ていく」だろうか?

何を言われても、責任は自分にあったのだが、おもむろに嫁の口から出た言葉は、意外な内容だった。



嫁:「こういうのさ、何で隠すの?」

ワタクシ:「はい・・・」

嫁:「やりたければやりたいって、夫婦なんだからまず言えばいいじゃん。なんで隠すの???」

ワタクシ:「はっ・・・はいぃー・・・」

嫁:「私がダメって言うと思った?」

ワタクシ:「・・・・・・思いました」

嫁:「!?・・・そんな風に思ってたの!?信じらんない!!」

ワタクシ:「(しし・・しまったァァー・・・)いやその・・・コスプレ方面はお嫌いかと・・・」

嫁:「嫌いだけど、コソコソひとりでやってる方がもっとキモイわ!!」

ワタクシ:「・・・ですよねー」

注:嫁はかつて、いわゆるサブカルチャーが大嫌いな人だったのだ。
結婚した当時、ワタクシがつい「アキバ行きたい」とでも言おうものなら、とにかくキモがられた。
しかし長男が大きくなり、いろんな漫画を読みだしてから、多少は許容するようになった(子供って偉大)


ワタクシはずっと正座していた。
しばらく沈黙があった後、嫁はふいに言った。

嫁:「・・・あのさ」

ワタクシ:「はいッ!!!」

嫁:「もうブログにいろいろ書いてんでしょ?」

ワタクシ:「・・・書いてます」

嫁:「ブログ、続けたいか?」

ワタクシ:「つっ・・続けたいですぅ・・・!!(半泣き)」

嫁:(あきれ顔で)「コスプレもしたいの?」

ワタクシ:「許されるものならば・・・」

嫁:「ふーん・・・・・」



嫁:「・・・あのさ、私の前でそれを着てみて」

ワタクシ:「!?・・・よ、喜んでッ!」

嫁:「ただ着るだけじゃないよ。怒りがおさまんないから、それ着て土下座しろ」

ワタクシ:「!?」

嫁:「いままで隠し事しててすみませんでした、と言って土下座しろ」

ワタクシ:「はい・・・」

嫁:「文句あんの!?」

ワタクシ:「いえッ!?決してそのような・・・」

嫁:「変なお店とか行ってないよね!?」

ワタクシ:「一度も行ってませんッ!!(本当は行ってみたいけど・・・w)」

嫁:「ブログの人に会ってないよね!?」

ワタクシ:「逢ってませんッ!!(・・・まだ)」

嫁:「なら、その姿を写真に撮って、読者に見てもらえ。・・・それで許す」

ワタクシ:「ははーッ!!!」


土下座

という訳で、土下座画像を載せます・・・。

「隠し事しててすみませんでしたッ!!」
f:id:osappiro:20170216105747p:plain



許してもらうため、嫁の足を舐めようとした画像も載せます(蹴られました・・・)
f:id:osappiro:20170216125000p:plain


これで何とか許してもらえた。

ワタクシは、隠し事をした事を心から反省した。
と同時に、ワタクシにとってはもったいなさすぎる嫁だという事を、身をもって痛感した。

以上、告白終わりっっ!!


シメのひとこと

翌朝、再び嫁と話した。

✔ 家でのコスプレは(子供が寝てから)OK。

✔ カラオケのコスプレは事前許可必要。

我が家では、新たにこのルールが適用された。
しかし子供たちは、父親がコスプレしている事をまだ知らない。ワタクシはPS4などゲーム関係の記事も書いているので、いずれ検索で子供に見つかるかもしれない。

それまでに、嫁に協力してもらって話そうと思っている。
長々と書いたけど、以上だ。私事にお付き合いいただきありがとうございました。

では皆様、良い家族関係ををを!!!