ヲサーンがコスしてカラオケとかw

/*文字ブル*/

 ヲサーンがコスしてカラオケとかw

コスプレしてカラオケで歌っているヲサーンです。

カラオケでコスプレしているヲサーンですが、息子がカラオケデビューしました・・・。

スポンサードリンク

息子がカラオケデビューとか

レッツ、カラオケデビュー!
おさっぴろでぇす。


ワタクシには子供が3人居る。
全員男子で、長男は今年中学に進学する。


そんな長男が先日カラオケデビューした。友人たちと歌ってきたというのだ。
以下、自宅での会話。


嫁: 「はじめてのカラオケはどうだった?」

長男:「うん、楽しかったー!!」

嫁: 「よかったねー!ねえパパ?」

ワタクシ:「ははッ!そうだねぇ!」
f:id:osappiro:20170220213238p:plain
(厳格な父親のイメージ)


このように、和気あいあいとした会話が繰り広げられていたのだが、ワタクシの内心は違った。

「やべえ!!どおしよーッ!?」

f:id:osappiro:20170223180608p:plain


来てしまった。
とうとうこの時が・・・!!



カラオケで息子とはち合わせとかw

以前からカラオケでコスプレしてきたが、ワタクシにはあるひとつの悩みがあった。

「子供が大きくなって、カラオケに行き出したらやばいなぁ・・」だ。


だっておんなじ店内だったら、いつか逢っちゃうかもしれないじゃない!?

とは言えワタクシは夜のカラオケだ。そして長男は昼間のカラオケだ。しかし子供なんてあっと言う間に大きくなる。


高校生くらいになれば、必然的に夜のカラオケになっていくだろうしさ・・・。
だんだん親とのコミュニケーションも少なくなるから、子供の行動が把握出来なくなる。

そこでもし・・・ああ・・・万が一だけれど。


コスプレしてる親父と、息子がカラオケで遭遇ーッ!?

f:id:osappiro:20170223180225j:plain


だめだ・・・。考えただけで地獄だ・・・。



店を変える

ワタクシの居る街は、あまりカラオケが無い。
だから町内のカラオケは全て行きつくしているw


仮に息子が行った店を「A店」としよう。ワタクシはすぐに店の事が頭に浮かぶのだ。

「ああ・・・あの店はDAMの部屋が少なくて、JOYSOUNDがたくさんあるよ」

とか。

「2Fのトイレは汚いから、1Fの方がいいよ」

とか。


ああ・・・息子にアドバイスしたいッ!!!
f:id:osappiro:20170223181853p:plain



でも・・・出来ない。
だって、ワタクシのカラオケの事はナイショなんだもの!(嫁には言ったけどw)


知識がありすぎて引かれる

そもそもワタクシはひとりカラオケを10年もしているから、知識だけは豊富だ。
そして何気無い会話のつもりが、実は皆引いてるのに気づかない事が多い。


この間こんな会話があった。

長男:  「お母さん。カラオケっていくつも機種があるの?」

嫁:   「えーと・・・DAMと、あとなんだっけ!?」

ワタクシ:「現在の日本には、DAMとJOYSOUNDだけさ」

ワタクシ:「ちなみに曲数はDAMが約20万曲で、JOYSOUNDが約25.5万曲さ」


長男:  「・・・・・・・・・・・・・・・」

嫁:   「・・・・・・・・・・・・・・・」


ワタクシ:「やはり最初はDAMが無難かな。でも慣れてきたらJOYSOUNDもいいゾォ!なんたってアニソンやボカロが充・・・実・・・」


ここで気づく。嫁も長男も白目になっている。


ワタクシ:「・・・って、後輩のA君が言ってた!はは・・は・・」


このような感じだ。
いずれにせよ、このままではバレるな・・・。



どおしよ・・・。
f:id:osappiro:20170223185953p:plain


未来を考える

先日夜遅く帰宅した。
息子は既に寝ていた。その寝顔を見て思った。


大きくなったな・・・息子よ・・・。
f:id:osappiro:20170220213238p:plain



息子が高校になるまで、あと4年か・・・。



いろんなことあったな・・・。



息子でいてくれてありがとう・・・!!



よし、父さん決めたよ!





今のうちカラオケコスを楽しみまぁす!!

f:id:osappiro:20170223190935p:plain

(今夜も突撃するぜー!!)


シメのひとこと

あと4年っ!あと4年ッッ!!

それでは今回はここまで。
皆様、良い家族関係ををを!



▼ 息子とはち合わせじゃないけど、JKに乱入された話はこちら
www.osappiro.com



▼ 息子とはち合わせじゃないけど、酔っ払いに乱入された話はこちら
www.osappiro.com