ヲサーンがコスしてカラオケとかw

/*文字ブル*/
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

 ヲサーンがコスしてカラオケとかw

コスプレしてカラオケで歌っているヲサーンです。

リフレーミング研修でポジティブになれなかった話

スポンサードリンク

研修に参加する

レッツ、リフレーミング
おさっぴろでぇす。


さて本日は、ビジネス研修の話。
ここんとこ毎週土曜日は、休日返上でビジネス研修を受けている。


詳しい研修内容は書けないが、今回はグループワークでフレーミングというのをやった。

研修では用語の由来は説明してくれなかった。そこで帰宅してWikiってみたら、以下の回答を得た。

フレーミング(reframing)とは、ある枠組み(フレーム)で捉えられている物事を枠組みをはずして、違う枠組みで見ることを指す。元々は家族療法の用語。


・・・さっぱりわからんね??

なお、はてなブックマークで「リフレーミング」を検索すると、いくつも記事が出てくる。詳しい説明はそちらに譲るとして、ワタクシがやったリフレーミングとは以下の内容だ。


▼ リフレーミング研修

  1.自分の短所を3つ挙げる。

  2.その短所について、
    長所に見えるように言い方を変えてみる。


というものだ。


フレーミングの例

例を挙げる。

ワタクシの短所が「面倒くさがり」だったとしよう。そいつをリフレーミングした場合はこうなる。

「効率良く動ける人」だ。

おっ、なんか見栄えよくなったね!本当に簡単ですまぬが、こんな内容だ。


ただし今回の研修は、自分の短所をリフレーミングするのではなく、書いた紙をグループのパートナーと交換するのだ。

つまり自分が受け取った紙には、パートナーの短所が書いてある。


自分は、相手の短所を「自分ならこう思う」と、ポジティブにリフレーミングしてあげて、本人に返すのだ。

そしてそれを読み上げ、相手が自分の事をこのようにリフレーミングしてくれました!という具合に発表するのである。


うわ~、なんかメンドクセー!!と思った。

しかしこれは研修だ。ポジティブにゲーム感覚で取り組めばいいやと思う事にした。


グループ内容とか

今回の教室には30人くらいのメンバーが居た。

ワタクシのようなおっさんも、そしておばさんも居たが、若い男女もちらちらと居た。

そしてワタクシの右隣に座った人。つまりワタクシのパートナー役になる人は、若く可愛らしい女性だったのだ。

ワタクシは女装好きとは言え、性癖は普通だ。その娘を見た瞬間その・・なんだ、ドキドキしちゃったんだよw


もちろん嫁も子供もいる身分のワタクシだ。そこはわきまえている。

しかしながら可愛かった。
彼女の容姿を、自分のわかるキャラに例えて言う。そうねボーカロイド巡音ルカさんっぽい美女だったのだ。


という訳で、当記事ではこの娘をルカさんと呼ぶw

ルカさんは「よろしくお願いします♪」と挨拶してくれた。心地よく通る声は、まさしくよく調教されたルカさんの声だった。
ワタクシも努めて冷静に挨拶を返したが、内心はムッハムッハー!!になっていた。


ルカさんとリフレーミング

という訳で、まずは短所を考えるのだ。

ルカさんは「自分の短所って、なんか出しづらいですねー・・・」とはにかんでいた。

ううん大丈夫。キミの短所はワタクシが全て受け止めてあげるからね♪と思った。
という訳で、ワタクシが書いた短所とはコレだ。


 1.自己中心的
  (カラオケとコスプレが最優先)

 2.計画性が乏しい
  (カラオケとコスプレが最優先)

 3.人見知り
  (ひとりカラオケを10年もやっている)




・・・・・・・・・・・




最低な人間だな。
f:id:osappiro:20170226083753p:plain


欠点を挙げるのだ

しかし、欠点を挙げなければ話が進まない。

(当然だけど)カラオケ・コスプレの文言は外した状態で、ルカさんに紙をお渡しした。そして彼女が書いた紙を受け取った。

ふむふむ、彼女はどんな短所を書いているのだろうか!?内容はこうだった。

 1.自己中心的

 2.計画性が乏しい

 3.人見知り


・・・・・・・・・



まったく同じじゃん!?
f:id:osappiro:20170226153048p:plain



びっくりした!
彼女とワタクシの内容は、まったく同じだったのだ。こ、こんな偶然ってあるのか!?
(実際には書いてある内容は同じでも順番は違った。念のためw)


ほめちぎる

彼女の方も驚いていた。

「すごいっ!偶然ですね・・!!」と言って、ワタクシに微笑んでくれた。


ワタクシはこの時どきどきしていた。もうひたすらドキドキしていた。

それでいながら次の行動、つまりリフレーミングに向け、冷静に考え始めていた。
これは運命だ。こうなったら、ルカさんを褒めて褒めて褒めちぎってやるしかないッ!?と思っていた。


ワタクシは、以下のように紙に書き込んだ。

 1.自己中心的
 ⇒ 自己をしっかりと確立しており、
   信念のある人。

 2.計画性が無い
 ⇒ 物事に柔軟に対応できる人。

 3.人見知りが激しい
 ⇒ 人付き合いに慎重な判断の出来る人。


「ドヤァ・・・!!!」
f:id:osappiro:20170226084626p:plain
(完璧だゼ!)


妄想がふくらむ

ワタクシは会心の作と思っていた。

彼女の方を見ると、うーんうーんと唸りながら、回答を書いていた。

おおそうか、きっとワタクシを褒めちぎる文章で悩んでいるに違いない。
ワタクシと目が合うと「こういうのって初めてだから、難しいですねー・・・」とはにかんで笑ってくれた。


ああ・・なんてカワイイ笑顔なんだ。

きっとこれをきっかけに二人は仲良くなり、研修の後には近所の刀削麺屋で、エビチリでもつつくのかなぁ・・・と妄想した。


ほどなく交換の時は来た。
彼女は何と書いたろう!?・・・ドキドキしつつ紙を読んだ。


残念な回答

彼女の回答は以下の通りだった。

 1.自己中心的
 ⇒ 自分の事が大好きないい人。

 2.計画性が無い
 ⇒ いきあたりばったりでも大丈夫ないい人。

 3.人見知りが激しい
 ⇒ 自分の事が大好きないい人。




・・・・・・・・・
f:id:osappiro:20170218210553p:plain



「な、なんだこれーーー!!!」

f:id:osappiro:20170128195919p:plain

(褒め言葉になってねー!)


どうやら彼女は、短所を長所に置き換える作業が上手ではないらしい。

それにしても、回答の最後に無理やり「いい人」と付けてるのには、思わず震えた。

f:id:osappiro:20170226161947p:plain


発表

しかしこれで終わらない。彼女の書いたこの文章を、皆に紹介しなければいけないのだ。

ワタクシはこの内容では、彼女が笑い者になってしまうのでは・・と案じた。


しかし指摘する時間も無く、読まないわけにはいかなかった。

最初の「自分の事が大好き」の時は、一瞬場内が「えっ?」という雰囲気になったのがわかった。

そして「いきあたりばったりでも大丈夫」と二回目の「自分が大好き」では、場内に失笑が起こった。


彼女の方をチラ見すると、自分の過ちに気づいたらしく、顔を赤くしてしょんぼりとしていた。

ごめんねぇ・・・と思いつつ、ワタクシの発表は終わった。



次は彼女の番だ。

彼女が変換内容を読み上げる声は、とても小さかった。そもそも短所がワタクシと同じなので、自分の内容と比較される気持ちがあったのだろう。

そして発表が終わると、とどめを刺すかの如く講師が言った。

「これはとてもいい事例でしたね!」と。


本来なら自分の変換が良かった訳で、胸をはるべきところだが、結果的に好きな彼女に恥をかかせてしまった。

この後の研修は、彼女と終始かみ合わずに終わった。

こうしてワタクシの束の間の恋と、研修は幕を閉じた。


シメのひとこと

帰宅して、嫁に今日の事を話した。

嫁は「いいブログネタが出来たじゃん」と、どこまでも余裕だった。
(やはり嫁にはかなわないと反省した・・)


という訳で、フレーミング研修とは、相手次第と結論付ける。

では今回はここまで。
皆様、良いビジネス研修ををを!