ヲサーンがコスしてカラオケとかw

/*文字ブル*/
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

 ヲサーンがコスしてカラオケとかw

コスプレしてカラオケで歌っているヲサーンです。

パートナーに頭が上がらない人ー!!

おさっぴろ。 家族のこと

スポンサードリンク

とにかく嫁に頭が上がらない

f:id:osappiro:20170309201711p:plain

レッツ、カミングアウト!
おさっぴろでぇす。


あなた様は、自身のパートナーに対し、頭があがらないだろうか?
ワタクシは、まったくもって頭が上がらない。しかも自業自得でこうなっている。


ワタクシはお酒が大好きだ。

しかし酒の失敗で、嫁には迷惑をかけまくった。失敗談の切り売りだが、ワタクシのようになるな!という意味でシェアいただければうれしい。

ではいってみよう。


入院して点滴を打たれた

f:id:osappiro:20170309201854p:plain

もう10年以上前だけど、国内出張での話。

夕方仕事が終わり、帰りの新幹線で同僚と酒盛りをした。東京に着いた時、ワタクシはベロベロになっていた。ここで帰れば良かったのだが、明日は休みだった。ワタクシ達は2件、3件とはしご酒をした。


で、最後の店で意識を無くした。あわてた同僚が救急車を呼び、病院に運ばれた。

同時に嫁に連絡が行った(同僚が知らせた)嫁は慌てたが、既に深夜で子供が居るので行けない。やむなく嫁の両親に病院へ行ってもらった。


こうして本人確認は出来たが、ワタクシは既に熟睡していた。そのため病院預かりとなり、両親は帰宅した。


病院で目を覚ます

で、翌朝。

ワタクシは目覚めた。全く知らない場所の知らないベッドだった。そこには年配の看護婦さんが居て、ワタクシにゆっくりと告げた。


「お目覚めですか?あなたは昨晩酔いつぶれて運ばれ・・・うんたらかんたら」


ワタクシは真っ青になった。

反射的にケータイを見ると、嫁の着信がびっしりと入っており、最後にメッセージが入っていた。「離婚ね。」と書いてあった。ワタクシは詰んだーッ!?と思い、点滴代を実費で払うと、大急ぎで病院を出た。


急いで帰宅したかったが、気分が悪くて何度か吐いた。

それでもなんとか帰宅した。けれども嫁はうちに入れてくれなかった。だからワタクシはドア越しにひたすら謝った。一時間くらい謝ってたと思う。最終的に嫁はドアを開けてくれた。この後もいろいろあったのだが、結論は一か月の禁酒と反省文提出でお許しをいただいた。


平和な日々のはずが・・・

f:id:osappiro:20170226161947p:plain

これだけでも離婚される内容だと思う。

しかし、ワタクシはこの後も酒で失敗をした。程度は軽くとも、似たようなのを何度もやらかしたのだ。

その度に嫁は怒ったり、泣いたりした。しかしあるとき嫁が、とうとう離婚届を持ってきた。「今度やったら終わりだよ」と言われた。ワタクシが署名して判をついたものを、嫁が預かるところまでいった。


この事があって、ようやくワタクシは失敗をしなくなった。

酒を呑んでも呑まれなくなった。おかげで、家族仲良く平和な暮らしが続いた。数年前に、嫁は離婚届を目の前で破棄してくれた。この時は二人で笑った。


カラオケでのコスプレを隠していた

しかし先日、それを覆す事件が起きる。

過去記事に書いたので知ってる方も居るだろう。飲酒とは関係ないが、ワタクシはカラオケでコスプレしている事を嫁に隠していた。

昔の事とは言え、飲酒で散々迷惑をかけてきた。そこにきてカラオケでコスプレだ。酒では無いが隠し事には違いない。夫婦間の信頼関係を損なう出来事だ。愛想をつかされても、何ら文句は言えない。


告白した時、嫁は泣いた。ブログの記事に対し「泣くほどの事か!?」みたいなコメントもあった。過去の情報が無いので、これは仕方ないと思う。しかし実は、こういった背景があったのだ。


清濁併せ呑む

f:id:osappiro:20170304183913p:plain

結果的には、嫁は今回も許してくれた。

しかし自分としては書いておきたい。ワタクシはいつも許してもらいっぱなしだったのだ。これまで嫁に。


「清濁併せ呑む」という言葉がある。


嫁はどうしてワタクシを許してくれたのか?と思うたびに、この言葉が浮かぶ。

うちには子供が居て、生活もある。どうしようもない亭主でも、現実は我慢しているだけなのかもしれない。しかし嫁の笑顔を見る度に思うのだ。

おそらくは、清濁併せ呑む気持ちで、ワタクシを見てくれているのだと。


反対の立場だったら?

ワタクシは考えた。

自分はこれまでずっと許してもらう立場だった。しかしもしも逆の立場だったら、自分は嫁を許しただろうか?

・・・難しいかもしれない。そう考えると、嫁に対して申し訳ない気持ちでいっぱいになった。

それだけ人を許すという事は偉大な事だと思う。


そういう訳で、ワタクシは嫁に頭が上がらない。

だけどこれがワタクシの人生。そして幸せな人生だ。許してもらうことは得難い事であり、許すことは並大抵のことではない。

これを教えてくれたのが嫁なのだ。デレデレで済まないが、こんな嫁が大好きだ。


シメのひとこと

そんな気持ちで帰宅したら、開口一番、嫁に言われた。


「今日はすっごく肩が凝ったから、30分マッサージな!!」



・・・よっ、喜んでーッ!!!(涙目)
f:id:osappiro:20170209231525p:plain


という訳で本日はここまで。
皆様、良いパートナー付き合いををを!!