ヲサーンがコスしてカラオケとかw

/*文字ブル*/
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

 ヲサーンがコスしてカラオケとかw

コスプレしてカラオケで歌っているヲサーンです。

動画用のバックミュージックに、名曲揃いのファルコムサウンドが版権フリーで使える!

スポンサードリンク

動画用のバックミュージックをファルコムサウンドで!

レッツ、ファルコムサウンド!
おさっぴろでぇす。


ワタクシは、時々ブログに動画を貼っている。でも映像は見せたいが、音声は出したくないという事がある。

そんな時は、フリー音楽素材を探してみたりする。だけど、自分のイメージに対していまいち合わない・・という事もある。


そこで今回は、日本ファルコムゲームミュージックを紹介したい。
ファルコムは知らなくても「イースの会社」と言えばわかるのではないかな?もともとPCゲームに端を発した、老舗中の老舗メーカーだ。


そしてこのメーカーは、何と版権フリー宣言をしている。楽曲自体は購入しないといけないけれど、かつて多くのユーザーを虜にしたゲームサウンドを、版権費用ゼロで自分の動画に使えるというのは、とても魅力だと思う。


日本ファルコムとは

f:id:osappiro:20161126142128p:plain

(画像はイースシリーズオフィシャルサイトより引用:https://www.falcom.co.jp/ys_portal/

日本ファルコムの概要を以下に引用する。

▼ 日本ファルコムの概要①

日本ファルコム株式会社(にほんファルコム、英: NIHON FALCOM CORPORATION)はゲームソフトを開発・販売する日本の企業。作品にドラゴンスレイヤーシリーズ、イースシリーズ、英雄伝説シリーズがある。

▼ 日本ファルコムの概要②

1981年(昭和56年)に創業。2001年(平成13年)にゲーム部門を分割し、現法人とする。2003年(平成15年)12月2日には東京証券取引所マザーズに上場。創業者は現会長の加藤正幸。社名は『スター・ウォーズ』に登場した「ミレニアム・ファルコン号」からの着想で、「ファルコン」の語尾に当時コンピュータ開発関係の社名として称されることが多かった「com」を合成したもの。元は米アップルコンピュータの代理店。

Wikipedia日本ファルコムより引用)


ファルコムの「音楽フリー宣言」

ファルコムは、世界でも類を見ない「音楽フリー宣言」という試みをしている。

f:id:osappiro:20161126180706p:plain
(画像はサイトより引用:https://www.falcom.co.jp/music_use/index.html

つまり、自社のリリースしたゲームミュージックについて、条件付きではあるが費用や承諾無しで使用出来るというものだ。

本来音楽とは、お金を出して買ったとは言え、自身が聴くためだけに利用するのが前提だ。しかしファルコムの音楽に限っては、自身の創作物に音楽を組み込む事が可能なのだ(詳細は日本ファルコムのサイトで確認されたし)


フリーで使用可能な例として、

WEBサイト、ブログ等のBGMとして利用。
※但し、第三者が楽曲を自由にダウンロード取得できる様な状態は不可。

とある。
よって動画のバックミュージックとして使う分には問題ない。ただし以下の要領でクレジット表記をする必要がある。

「楽曲名 / アルバム名 / Copyright© Nihon Falcom Corporation」

ファルコムのWebサイトにも記述があるのだが、これまで販売してきた楽曲はなんと、

4,771曲(2017年2月28日現在)

もあるらしい。これらを条件付きとはいえ、多くの人に届けたいという思いから、音楽フリーの取り組みを行っているのだ。このようなメーカーは、聞いた事がなく唯一無二と言えるだろう。


どんな音楽があるの?

最近のファルコムだと「東京ザナドゥ」や「英雄伝説」シリーズが記憶に新しい。

▼ 東京ザナドゥ


▼ 英雄伝説シリーズ


これらのシリーズも熱いのだけれど、やはりファルコムを牽引してきたコンテンツと言えば、イースソーサリアンドラゴンスレイヤーザナドゥなどではないだろうか?

おっさんホイホイなコンテンツだが、いずれもゲーム性および知名度は非常に高いものばかりだ。


イースシリーズとは

f:id:osappiro:20161125210802p:plain
(画像はイースシリーズオフィシャルサイトより引用:https://www.falcom.co.jp/ys_portal/

イースをプレイした事がないという人でも、作品名は聞いた事があるのではなかろうか?何しろ25年以上の歴史があり、現在8作目となる「イースⅧ -Lacrimosa of DANA-」がPSVitaで発売されている。

なお2017年はイース生誕30周年だ!

イースシリーズ (Ys series) は、日本ファルコムがてがける日本製アクションロールプレイングゲーム (ARPG) のシリーズ。1987年の第1作『イース』より、25年以上に渡って続くファルコムの看板作品となっている。

Wikipediaイースシリーズより引用)

こんな名作ゲームのサウンドが、「音楽フリー」で使えてしまうのだ!


なお当時の楽曲は、FM音源というごくシンプルなサウンドで構成されている。これらはいっけん古いと感じるかもしれない。しかしながら当時のPCゲームにおいて、最高峰のサウンドと言わしめた楽曲ばかりで、現在でも認知度は高いものばかりだ。


実際に動画に使ってみる

という訳で、手持ちの動画に使ってみた。

とは言え、ワタクシが持ってる動画たるや、自分がコスプレしてバカやっている動画しかなかったw・・しかしこんな動画でも、ファルコムサウンドによって、妙に雰囲気が出てくるのである。では以下を参照いただきたい。

(決してファルコムサウンドをバカにしている訳ではありません。←念のため)


イース 店のテーマ

まずは店のテーマ。シンプルなサウンドだね。

THE SYONIN (店1)

THE SYONIN (店1)


んで、自分の動画に落としたのがコレェー!〔顔パフ〕
youtu.be


イースⅡ 氷壁のテーマ

お次は氷壁のテーマ。こちらは疾走感あふれる実にカコイイサウンド!

ICE RIDGE OF NOLTIA (ノルティアの氷壁)

ICE RIDGE OF NOLTIA (ノルティアの氷壁)


自分の動画に落としたのがこれぇ!〔髪をとかす〕
youtu.be


イースⅢ 貿易の街レドモント

次はイースⅢの街のテーマ。ポップで明るいサウンドですなぁー。

貿易の街レドモント (街)

貿易の街レドモント (街)


自分の動画に落としたのがこれぇ!〔パン食うほか〕
youtu.be


ソーサリアン 消えた王様の杖

最後はソーサリアンから。

イース同様、剣と魔法の世界のソーサリアン。やはり看板曲と言えばこれではないかな!?

ダンジョン (消えた王様の杖)

ダンジョン (消えた王様の杖)


で、自分の動画に落としたのがコレ!!
youtu.be


最後の動画には、これまでの動画のリアクションも入れてしまったよw(なんでもあり動画w)


シメのひとこと

今回は、日本ファルコムゲームミュージックについて紹介した。
あなた様が動画やWebページを作成する人なら、是非とも使用を検討いただけたらうれしい。

という訳で今回はここまで!
皆様、良いファルコムミュージックををを!