ヲサーンがコスしてカラオケとかw

/*文字ブル*/
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

 ヲサーンがコスしてカラオケとかw

コスプレしてカラオケで歌っているヲサーンです。

おっさんはトートバック持つなとか言わないw

スポンサードリンク

ヲサーンの通勤バッグはトートなのだ。

レッツ、トートバック!
おさっぴろでぇす!


トートバックは好きですかぁ!?」
f:id:osappiro:20170331200614p:plain


ワタクシはトートバッグが大好きだ。
しかもプライベート用ではなく、通勤カバンとして使っている。


もっとも過去営業職だった時は、客先訪問があったので、普通に通勤カバンだった。

しかし地方勤務になった現在は、もっぱらトートバックだ。


トートバッグの魅力

トートバッグの魅力って何だろう?ワタクシの場合はこうだ。

荷物がいっぱい入るし、取り出しが楽だからだ。

・・・シンプルな理由だね。しかしこれが一番ではないのかな?


デザインにも左右される。

トートバッグの場合、側面のデザインでかなり印象が変わる。

萌えキャラとかのトートバッグは、さすがにビジネスシーンには向かないと思うが(個人的には、好きだけどw)

シンプルなデザインなら、ビジネスシーンで使えるものは多い。


生地の厚みも重要。

生地の厚みも重要だ。

例えば帆布トートでも、12オンス以上の厚みがあれば、ビジネスシーンで使える物は多数ある(マチがついてるやつね)

反面、飲料のおまけについてくるような、ペラッペラのバッグ(4~8オンス程度)ではつらい(マチのないやつね)

そんな訳で、生地の厚みによってもビジネスシーンで使えるトートと、そうでないものに分かれる。

(余談だけど、ワタクシは中国駐在時に、縫製品の製造も手掛けていた)


トートバッグを持つおっさんに対する、周囲の評価ってどうなの?

おっさんがトートバッグを持つことについて。ワタクシより上の世代からのウケは悪い。

「安っぽい」とか「会社員としての責任感を感じない」とか言う人も居る。


だけど個人的には「そうかしら?」と思う。ちなみに私の上司だった50代の人は、皮のビジネスバッグだったけど、中には新聞しか入ってなかったゾw

あなた様の周囲はどうだろうか?


トートバッグを持つおっさんって、たくさん居るの?

おっさんでトートバックを持つ人って、たくさん居るんだろうか?



「・・・・・・・」
f:id:osappiro:20170331201435p:plain


「なぁんだ!いっぱいいるじゃん!!」

f:id:osappiro:20170331204455p:plain


だけど見ての通り、評価は「微妙」だったなw(他にも微妙なツイートは多数あった)

もっともこれは、プライベートシーンでトートバッグを持つおっさんへの評価だ。前述したように、柄や生地を考慮したトートバッグを通勤カバンとして持つのは、何ら問題ないと思っているのだ。


自分のトートバッグを公開する。

という訳で、自分が過去・現在使っているトートバッグをちょっと公開する。

森野帆布のトートバッグ

以前使ってたのはコレ。森野帆布トートバッグ。

f:id:osappiro:20170331202146p:plain

ここのは海上自衛隊でも使われる、最強帆布生地を使用している人気ブランドだ。


これは生成りではなく色物なので、スーツ姿でもさほど違和感を感じさせないのが良かった。
しかもとにかく頑丈!!一年以上毎日使ってもぜーんぜんよれないし、パーツが切れたりしない。

ただ唯一のネックは、〇部分のプラパーツが剥がれるというのがあった。

f:id:osappiro:20170331202253p:plain


しかしそれ以外は、文句のつけようがなかった。たくさん収納しても問題ないし、いいものを長く使いたいという人に、森野帆布はおススメだなー。


MEIのトートバッグ

現在使い始めてるのがこれ。

MEI(メイ)の生成りトートバッグ。

f:id:osappiro:20170331202330p:plain


f:id:osappiro:20170331202319p:plain


ごてごてしてない「シンプルなのがいい」なら、こういうタイプだろう。

そして何と言っても安い!!

前述した森野帆布のトートバッグは、¥17,000くらいするのだが、MEIのこのトートバッグは、なんとたったの¥4,000程度だ(いずれも3/31現在)

まだ使い始めて一週間程度なのだが、容量や生地の強度に関しては不足を感じていない。前述した森野帆布より容量は若干劣るけど、マイPCとその他諸々を入れるくらいは問題ない。

しいて言うなら、持ち手がも少し大きくて、厚手ならなお良かったかなーというくらいだ。


acrotri(アクロトライ)のトートバッグ

最後に、持ってないけどこれはいいんじゃないかなーと思うトートバッグを書く。

前述した森野帆布とMEIだと、価格のふり幅が大きすぎるので、中間コストの一品を見つけた。

価格は¥6,000程度(3/31現在)

素材は合皮だけど、とても頑丈そう。容量も問題無さそうなので、推しかなーと思っている。



シメのひとこと


今回は自身の使っていたものを中心にトートバッグの紹介をした。

街行くおっさんが、もっとたくさんトートバッグをビジネスシーンで使ってもらえたらいいなぁと思う。

という訳で今回はここまで!

皆様、良いトートバッグ使いををを!