ヲサーンがコスしてカラオケとかw

/*文字ブル*/

 ヲサーンがコスしてカラオケとかw

コスプレしてカラオケで歌っているヲサーンです。

「お墓参り」で死んだ母親に逢いに行き続けて、やっと気づいたこと。

スポンサードリンク

墓参りに行く。

f:id:osappiro:20170408204849j:plain
(うちの墓。花立てが片方無くなっていた・・)

レッツ、墓参り!おさっぴろでぇす。

ごめんな、今回はとてもしんみりした話だ。コスプレしたヲサーンの、おバカ話を期待されている方には、あらかじめ謝っておく。

皆様、墓参りは行かれているだろうか?ワタクシは本日行ってきたよ。

うちの墓は関東某所にあるけど、自宅から3時間ほどの場所にあって、そう頻繁には行けない。だから、墓参りの時は朝から支度して、帰宅は夕方になってしまう。ちょっとしたイベントだ。

そして、墓参りに行く時は「あれ?前回はいつだっけ?」と思ってしまう。だいたい年に2回くらいの墓参ペースなので、前回がいつだったか忘れてしまうのだ。

皆様の墓参りは、年に何度だろうか?
年1~2回くらいかな?しかしワタクシは若い頃、ある事情があって頻繁に墓参りに行っていた。今回はその事を書きたい。


母親の死。

f:id:osappiro:20170408205334j:plain
(イメージです)

ワタクシが高校生の時、母親が死んだ。交通事故だった。

いつものように、夕食を作り、回覧板を届けに出かけて行った。この時は、関東には居らず田舎暮らしだったから、お隣さんも離れていたんだ。そして彼女は、二度と自分の足で帰ってこなかった。

病院のベッドに横たわる母を見て、ワタクシも姉も、父親も泣いた。事故だったけれど、死に顔が安らかなのが唯一の救いだったな。それでも、数時間前は生きていた人が、死んで動かなくなるというのが、高校生のワタクシにとって、あまりにも衝撃だった。

呆然としたまま帰宅すると、母が作った野菜炒めがそのまま残っていた。みんなで泣きながらそれを食べたよ。「ほら、これがお母さんの味だよ。もう二度と食えないから、よく味わって食べよう・・・」父親が言ったのを今でも覚えている。

やがて母親を轢いた男が、両親に付き添われて謝罪に来た。

三人とも土下座して、ワタクシ達家族の前で泣き崩れた。ワタクシはただぼんやりと、それを見ているだけだったな。「あなた達は一体誰なの?それをすると、お母さんは帰ってくるの・・?」と思っていた。

父親は激昂することも、泣き崩れる事もせず、ただ静かに「どうか今日はお引き取りください」とだけ言った。父の本心はわからなかったが、彼なりに必死に耐えていたのだと思う。

そんな事が過去にあった。

冒頭にも書いたが、うちの墓は関東にあった。母親は田舎で死んだが、火葬された後は、そちらの墓に納骨された。


毎月一回、墓参りに行く。

f:id:osappiro:20170408205440j:plain

ワタクシは学校を卒業した後、上京して就職した。
毎日あたふたしながら生きていたが、月一回、欠かさない事がひとつあった。

それが墓参りだ。

仕事が休みになると、毎月必ず母の眠る墓へ行った。
墓石に水を打ち、草むしりをした後、買った弁当を墓の前で食べた。ただそれだけの事だったが、なんとなくやらないと気がすまなかった。

母親がもし生きていてくれたら、社会人の自分を喜んでくれただろうな・・・親孝行したかったよ、といつも思っていた。そんな訳で、若い頃のワタクシにとって、墓参りとは母親に逢いに行く事だった。

父親をはじめ、家族は田舎に残ったので、頻繁に行けるのもワタクシしか居なかった。


いつも同じ花屋さんに行っていた。

f:id:osappiro:20170408205727j:plain

ところで墓参には「お花」が欠かせない。

ワタクシはいつも、同じ花屋さんに行っていた。特に理由はない。通り道にあったからだろう。そこは30代くらいの女性が店番をしている、小さなお花屋さんだった。

いつも「菊の花と、あと適当にお願いします」とだけ言うワタクシに、花屋さんの女性(ここでは花子さんとしておこう)は彩りある花を選んでくれた。そして、きれいにアレンジされた花束を買うと、サービスで線香を付けてくれたりした。

そんなやりとりで、毎月花を買っていたので、やがて花子さんとは顔見知りになった。

一度だけ、花子さんに聞かれた。「どなたの、お墓参りなんですか?」と。ワタクシは「母の・・・」とだけ答えた。彼女はそれ以上聞かず、ワタクシもそれ以上言う事は無かった。


彼女が出来ても・・・。

f:id:osappiro:20170408205739j:plain
(墓参の帰り道、嫁の後姿w)

ワタクシは何度か引越しをしたり、転職もした。それでも墓参りはやめなかった。

彼女が出来て「明日は墓参りに行きたいんだ」と言うと、「何それ!?」と言う子が居た。案の定だが、その子とはすぐに別れた。

しかし、最後に出来た彼女はこういった「私も一緒についてっていい?」と。

そして例の花屋さんに、彼女を連れて行った。二人で花を買いに来たのを見て、花子さんはとてもうれしそうにしてくれた。その日はたくさん花をサービスしてくれて、大きな花束をお墓に備えた。

その後も彼女は、墓参りに付き合ってくれた。この頃になると、さすがに月1回のペースでは無くなった。それでも3ヶ月に1回くらいのペースでは行ってたと思う。やがてワタクシは彼女にプロポーズした。承諾を得ると、結婚の報告をするために、やはり墓参りに行った。二人で結婚指輪をはめた手を、墓石の前にかざして笑った。

ワタクシは幸せだった。心の中で母親に今の気持ちを伝えた。この時も、ワタクシにとって墓参りとは、母親に逢いにいく事だった。


やがて家族が出来る。

f:id:osappiro:20170408205818j:plain
(嫁と末っ子)

やがて長男が生まれた。

出産や子育てがはじまると、さらに墓参の回数は減った。けれども、今までが多すぎたのだ。これからは、適度に行けばそれでいいと思った。

こうして次男が生まれ、三男が生まれた。その頃には墓参りは、年に2回くらいのペースになっていた。

ワタクシが中国に駐在となった時も、墓に挨拶をしに行った。「少し長くなるけど、きっと帰ってくるからね」と語りかけたものだ。

例の花屋さんには、相変わらず通っていた。花子さん自身も、ずいぶんおばちゃんになった。

ある時、娘とおぼしき女性がお店を手伝っていた。ワタクシもその頃は、嫁と子供三人に増えていた。

そして、いつものように会計する時、花子さんがぽつりと言った。

「長い間当店を利用してくれて、有難うございます。実は来月で引退して、娘に店を任せようと思っているんです」

ワタクシはこの時「そんなに時間が経ったのか・・・」と思った。

しかし次の瞬間、気づいてしまった。あまりにも咄嗟の事で、固まってしまったが、自分の中で確信を得た。

墓参りとは、死んだ人に逢いに行くだけの行為ではない。墓に行き、自分自身と向き合う事なのだと。


墓参りとは自分自身と向き合うこと。

f:id:osappiro:20170408210013j:plain

冒頭で、今日墓参りに行ったと書いた。帰宅すると嫁はワタクシに言った。

「墓参りって、行くとなんかスッキリするよねー」と。

ワタクシはこう思う。

若者だった頃、母の早すぎる死があって、ワタクシは荒れていた。心の中で救いを求めていたんだ。

それで墓の前に行き、死んだ母親に逢っていた。しかし、気づかなかったもうひとつの事があった。それは、墓参りを通して、自分自身と向き合っていたという事だ。

だから荒れている時ほど、墓参の回数は増える。

けれども年を重ね、母親の記憶もおだやかになり、かつ守りたい人も出来て、墓参の回数は減った。


墓参をすると、無意識のうちに自分と向き合うのだ。死んだ人に思いを馳せながら、自分が生きている事を改めて実感する。だからきっと、スッキリするのではないだろうか?

少なくとも、ワタクシはそう思った。だから残りの人生で、墓参の回数が増えたり減ったりは、まだあるかもしれない。

だけどその都度、ワタクシは自分自身と向き合うのだろうな。それでいいと思う。


シメのひとこと

と言う訳で、今回はワタクシにとってのお墓参りとは、について書いた。

あなた様にとってのお墓参りとは何ですか?

それでは今回はここまで。
皆様、良いお墓参りををを!