ヲサーンがコスしてカラオケとかw

/*文字ブル*/
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

 ヲサーンがコスしてカラオケとかw

コスプレしてカラオケで歌っているヲサーンです。

今思えば、ひとりカラオケ出来るなら、たいていの事は出来たんじゃね?という件。

スポンサードリンク

ひとりカラオケは勇気が居る

f:id:osappiro:20170412221423p:plain

レッツ、ひとりカラオケ!
おさっぴろでぇす。

さて本日は、王道カラオケネタだ。あなた様は、ひとりカラオケをした事はあるだろうか?

今から10年以上前だと、カラオケは複数の利用が当たり前だった。ひとりでカラオケしたいなどと言えば、受付で「え?お一人様ですかァ!?」と確認される。そもそもひとりで受付に並ぶのも恥ずかしく、勇気の居る事だった。

かと思えば、現在でも「恥ずかしい」ことが理由で、ひとりカラオケが出来ないという人が居るらしい。何とももったいないと思う。


ひとりカラオケを誤魔化すための黒歴史

だから今回は、勇気を出して自分の黒歴史を書こうと思う。

ワタクシも今では、ひとりカラオケはもちろん、カラオケで堂々とコスプレする程になった。しかし過去はひとりカラオケが恥ずかしく、周囲にバレたくない一心で、いろいろ小細工したものだ。それをどう克服したかは後に書くとして、まずはワタクシの黒歴史から書く。


その1:楽器を持参していった

f:id:osappiro:20170411212106j:plain


ひとりカラオケを誤魔化したい一心で、弾けもしないのに、ギターを背負って来店した。こうする事で、

「ひとりカラオケじゃないっ!楽器の練習なんだぞっ!!」

このようなオーラを、全開にしていたのだw

ところがこんな時に限って、ホンモノのバンドメンバーに出くわしちゃったりする。こうして余計にぼっちの寂しさを味わう事になった。また楽器持参なのに、部屋から楽器の音が全くしなかったなど、割とバレバレの方法でもあった。


その2:待ち合わせを装う

f:id:osappiro:20170412195932j:plain

ひとりカラオケを誤魔化したい一心で、受付するまでに、やたらケータイを確認する。ひどい時は、電話するふりまでしちゃう。

「ひとりカラオケじゃないっ!友達との待ち合わせなんだぞっ!!」

このようなオーラを、全開にしていたのだw

しかしいざ受付の時に、全ての嘘は白日のもとに晒される。


店員:「何名様ですか?」
ワタクシ:「・・ひとり・・です」


しかも、やたらケータイをいじっていたものだから、店員さんからとどめのツッコミを受ける事も。

店員:「お待ち合わせはございますか?」
ワタクシ:「いえ・・・ひとり・・・です」

(この時のワタクシの心の声→)
「言わせないでッ!死んじゃう!死んじゃうッ!?」


こうなるともう詰んだ。
ワタクシの後ろにいる客の視線が「なーんだ!アイツひとりじゃん!!」と言わんばかりに背中に刺さる。

そんな日は、部屋に入っても涙でかすんで、モニターが良く見えなかった・・・。そんな事もあった。


その3:ボイチェン機能を駆使する

f:id:osappiro:20170412200237j:plain

前項までは、入店時の誤魔化し方だが、部屋に入ってからもいろいろ小細工をした。

というのも、歌声って割と筒抜けじゃない?だから、ずっと同じ歌声が周囲に聞こえると「あー!隣りはひとりカラオケだー!寂しいヤツ!!」と思われるからだ。


そこでボイチェン機能を使った。

カラオケのリモコンには、スピーカーから出てくる声を、変換する機能がついている。ワタクシは自分の声で歌った後、ボイチェンを操作し、次の曲を女性の声にした。それが終わるとまた元に戻して歌った。何とも手間がかかる方法であったが、これで「男女各一名のカラオケ」と、周囲に思わせようとした。

しかしある時、となりの歌声が耳に入り驚愕した。

ワタクシと、全く同じ事をやってるヤツが居たからだ。ちなみにどうして気づいたのかといえば、女性声が1パターンしかなかったからだ。・・・いつも、自分が出してる声が隣から聞こえれば、そりゃ気づくよね?

これがあってから、恥ずかしくなってボイチェンは止めたw


誤魔化す労力を他に使え

いかがだろうか?ここまでがワタクシの黒歴史だ。

今にして思えば、手間ばかりだったなーと思う。そんな事するなら、正々堂々とひとりカラオケすれば良かったのだ。

だけどそれが出来なかった。理由はなぜか?やはり恥ずかしかったのだ。


どうしてひとりカラオケが出来るようになったか?

ワタクシが、それでもひとりカラオケをしたかった理由はこうだ。

ずばり楽しかったからだ!!

気持ちの上では、ひとりカラオケが楽しいという気持ちが、恥ずかしいという障害を上回った。そこでワタクシはこの「恥ずかしい」という気持ちを徹底的に消す事にした。

何に対して恥ずかしいのか?

まず、恥ずかしい対象を洗い出してみた。結果は以下の通り。

  
 ✔ お店の人に対して恥ずかしい。 
 ✔ 他の客に対して恥ずかしい。

こんなところだろうか?


恥ずかしいを徹底的に排除する。

お店の人に対して恥ずかしい点について

f:id:osappiro:20170413073102j:plain

お店の人に対して恥ずかしい点を、どのように克服したか書く。

まずワタクシは、自分の行ける範囲にあったカラオケ部屋に、電話をかけまくった。つまり「ひとりカラオケがOKか否か?」をあらかじめ聞いたのだ。

すると、どこの店もOKであった。それなら何故、ひとりカラオケを嫌がるのだろうか?ずばり収益が低いからだろうな。

そこでターゲットの店を決めると、そこにばかり通いつめた。こうする事で店から常連と認知される事に成功した。つまりお一人様は収益が低いかもしれないけれど、通いつめる事で店側に対し、メリットを示したのだ。

こうなると、店も協力的になってきた。あからさまに「おひとり様ですか?」と言われる事は無くなり、むしろ「いつもの部屋でよろしいですか?」などと言ってもらえるようになったのだ(ウェーイw)


他の客に対して恥ずかしい点について

f:id:osappiro:20170413072939j:plain

次に他の客に対して恥ずかしい点だが、これは前項で店側が協力的になると、さほど気にならなくなった。

なんというのか、安心して歌える店が出来たので、気持ちに余裕が出来たのだ。

また何年か経つと、ひとりカラオケ客が次第に増えていったというのも、好転化の後押しになったと思う。


まとめ

と言う訳で、ツラツラ書いたが、ワタクシがひとりカラオケをするまでの話だ。

とはいえこれは昔話で、現在ではどこのお店でも、更にひとりカラオケを歓迎している。カラオケ業界自体が、まだまだ苦戦しているからね・・・。

もしあなた様が、ひとりカラオケをした事の無い人であれば、この記事が後押しになってくれたらうれしい。


シメのひとこと

「どうしてコスプレするようになったか!?」

この経緯も書きたかったが、これはヤメたwまた機会があれば、という事で。

それでは今回はここまで。
皆様、良いひとりカラオケををを!