ヲサーンがコスしてカラオケとかw

/*文字ブル*/
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

 ヲサーンがコスしてカラオケとかw

コスプレしてカラオケで歌っているヲサーンです。

歓迎会のカラオケで、新入社員が全員ハモリを入れてきて震えるw

スポンサードリンク

ハモる新人達

レッツ、ハモリプレイ!
おさっぴろでぇす。

以前、会社の新入社員歓迎会があった時の話だ。例によって二次会はカラオケだったのだが・・・。


新入社員全員が、歌唱にハモリを入れてきたのだ!
f:id:osappiro:20170501191334p:plain



こ・・・これってどうなの!? (((( ;゚д゚))))


現代では当たり前なの!?(ヲサーンが古いだけェ!?)



君ら全員ゴスペラーズか!?
f:id:osappiro:20170509225925j:plain



最近の若い人の歌唱スペックスゲェー!!

f:id:osappiro:20170509201642p:plain



・・・しかし一点前置きさせて欲しい。

この書き方だと、新入社員ひとりひとりのハモリテクが抜群だった話、と思うだろう。

確かにそうだが、今回の記事でもっとも書きたかった事とは、彼らの歌唱の流儀に少し問題があった事だ。

と言う訳で、以下は本文でどおぞw


新人達のスペックとか

と言う訳で事の詳細だ。その前に、今回部署に配属された新人は以下の通り。

  
リョーマくん(もの静かなイケメン男子)

✔ リオさん(やせ型の不思議系女子)

タクヤくん(がっちり系男子、明るい)

以上3名だ(もちろん仮名だ。念のため・・・)


カラオケをお誘いするが・・・

この3名を連れてカラオケに行った。ちなみに誘った側のメンバーは、ワタクシと他2人だ。

ところでちょっと昔話を書く。ワタクシが新人の頃は先輩の扱いが酷く、最初の一曲目は新人が歌うのが当たり前だった。例を挙げる。


「一曲目、オマエ歌え!!面白い歌な!!!」

(先輩のイメージw)


このように、先輩に命令されるともう逆らえない。しかもトレンディな曲なんて入れようものなら即ゲキられる。ワタクシは半泣き状態だった。


こうして仕方なく入れた曲がこれだ。


花の子ルンルンの主題歌
(注:80年代初頭の魔法少女アニメですw)

www.youtube.com
(配信者:Majokko Micchi)



しかし、真心をこめて(←セリフ入りでw)歌唱しても・・・。



「面白くねぇ!!!」と結局ゲキられる。



そんな時代だった(ふふっ・・・)



だが最近の若い子に、昔気質を押し付ける気は毛頭ない。そもそもそんな事言おうものならパワハラです!!!!」と訴えられてしまう (((( ;゚Д゚)))


だから、仕方なく今回はワタクシが一曲目を歌った。タイトルはもちろん花の子ルンルンだ。


・・・というのは大嘘で明日があるさにした。しかし、ここから悲劇が始まったのだw

明日があるさ

明日があるさ



いきなり新人の子にハモられるw

ワタクシが件の曲を歌い「♪あしーたがあーるーさー」部分にさしかかるやいなや、やたら甲高いハモリが聴こえてきた!

驚いてそちらを見ると、何と不思議系女子のリオさんが、当たり前のようにマイクを持って、ハモっているじゃあありませんか!?ヲサーンはびっくりしたゾ!!


盛り上げてくれたらしい

彼女はどうやら盛り上げようと思って、一緒に歌ってくれたらしい。

それに気圧されたか、他の新人2人も「俺も俺も」とばかりにマイクを持ちハモリはじめた。おかげで曲が終わるまで、みんな大いに盛り上がった。

なるほど、盛り上げようとしてくれたのか、そいつは有難いな・・。今年の新人さんってすごいじゃないか!と思った。



・・・その時まではw


歌うのはイヤ!とのたまう

しかしながら、彼らはひと筋縄ではいかなかった。

ワタクシの上司が、不思議系女子のリオさんに言った「じゃあ、次はリオさん歌ってねー」と。しかし彼女は即座に返した「イヤです」とw

これには我々「ぽかーん」である。
f:id:osappiro:20170509210740j:plain


「えー!いままであんなに盛り上がっていたじゃない!?どおして歌わないの?」と上司。

「盛り上げるのはいいけど、自分が歌うのは恥ずかしいんです」キッパリと彼女。


・・・気まずい空気が流れる。ここで沈黙を破ったのはなんと、新人のタクヤくんだった。「んじゃ次、自分がいきますよォ」と言ってくれた。

上司もワタクシもホッと胸をなでおろした。彼はリモコンでリクエストを入れた。


知らねぇ曲だよw

カラオケでリクエストを入れると、曲名が画面に表示される。新人のタクヤくんが入れたのは以下の曲だった。


「モノクロのキス / シド」


www.youtube.com
(配信者:山口ミルク)


上司の顔を見ると、明らかに「ナニコレ!?知らねぇよォ」という顔をしていたw

だけどワタクシは知っていた。アニメ「黒執事」の主題歌だった曲だ。シドといえば「嘘」の方がカラオケでは定番だが、こちらもいい曲だ。とかなんとか思っているあいだに前奏が流れ、彼の歌唱が始まった。




「♪ん出逢いにィ~色は無くてェ~モノクロォォ、吹きィ抜けるゥゥー!!」

うわあ、鼻にかけたような歌唱キター・・・!!とは言え、全然似てなくて、イヤーな印象しか残らない典型的な歌い方だw

あなた様の会社にも、ひとりくらい居ないか?ビジュアル系バンドの楽曲を、鼻にかけたような歌い方する人ー!

しかしワタクシは危惧していた「タクヤくん、もうすぐサビだぞ!?残念だが君のその歌い方では、既にキィがあっていない。このままでは、サビで声が裏返るのは目に見えている!」と。


救いのハモリがw

案の定、タクヤくんはサビ部分でつまづいた。声が裏返ったのだ。しかしながら被せる様に、ひとすじの歌声が周囲を貫いた。

「♪ん出来ればァーこのーままァ、包まれて終んわぁりたいィー!」

それはもうひとりの新人、リョーマ君だった。物静かな彼の唇から、ハイトーンなハモリ歌唱が炸裂したのだ。

こうしてフォローされたタクヤくんは調子を取り戻し、絶妙なハーモニーのままカラオケは終了した。

何の曲だかわからなかった上司も、カラオケPVが「黒執事のアニメ画像」だったので、雰囲気はつかめたようだ。後半はなんかハァハァ言いながら盛り上がっていたゾ!(もしや男好き?)


不思議系女子に歌わせろ

こうして彼ら男子は、ペア歌唱で何曲か歌った。

けれどもソロ歌唱は無く、ずっとどちらかのハモリを入れての歌唱だった。恐るべきコンビネーションだ・・・彼らはみんなそーなのか!?と思った。

しかしながら、不思議系女子のリオさんだけは、結局あれから歌唱もハモリも無かった。今度はワタクシが彼女に声をかけてみた。

「ねーねーリオさん。そろそろ一曲くらいどおかなー?」

「・・・歌わないって言ってんでしょ?」

(彼女はひとりでグビグビ飲んでおり、既にワタクシに対してタメ口になっていたw)


タクヤ君もリョーマ君も、アニソンとか持ち歌披露しているよ?リオさんだって、好きな曲あるんじゃないの?」


「・・・・・・・・・・・・」


「リオさん?」


「・・・・%なら」


「え?」


「マジLOVE1000%なら、歌ってもいい」


「マジっっ!?」


とうとう彼女が持ち歌を告白した。
しかしよりによって、元祖BL系コンテンツ「うたの☆プリンスさまっ」の曲とは思わなかった。ははーんそっち系の人でしたかーwと思いつつ、ワタクシはリモコンで曲を入れてあげた。

▼ マジLOVE1000%
www.youtube.com


歌唱に逆参加とかw

曲が始まると彼女はすっくと立ち上がった。周囲が一瞬ざわざわしたが、ワタクシはこの時がチャンスとばかりに、素早くマイクを手に取った。

やはり社会人である以上、周囲との協調性は大事。

これまで一曲も歌わず、しかもタメ口な彼女に少々もやもやしていたワタクシは、彼女の歌唱に逆参加してあげる事にしたのだ。

ちなみに「マジラブ1000%」は、以前JOYSOUNDカラオケで宣伝していたコンテンツだ。当然ワタクシも擦り切れるほど歌った。

しかし彼女は油断していた。まさか目の前のヲサーンがこの曲を熟知しているとは思わなかったらしい。


持ち歌取られて発狂www


ワタクシは彼女の背後からすばやく前に出て、冒頭の振り付けを真似て歌いだした。彼女は真っ赤になり「なにこのおっさん、キモい!」「おいヤメロッ!!」とか叫んだが、ワタクシはお構いなしで続けてやった(てへへーん、ザマミロ!!)

ワタクシが音也や真斗になりきって歌唱すると、彼女は発狂したw

更に酔いもあって「このジジイ!」とか「し、◯ねぇぇぇぇ!!!」とか、ボロクソに叫んだ。ワタクシはお構いなしで、最後まで歌いきった。既にリオさんは号泣していた。・・・結局またソロ歌唱になってしまったなw


そんな訳で、カラオケ二次会は終わった。

最後はリオさんはじめ、新人3名は皆ベロベロに酔っ払っていた。いやぁーカラオケって本当にいいモノなんですねぇ!!


シメのひとこと

次の出勤時、会社で不思議系女子リオさんと顔を合わせたが、ワタクシへの暴言に対する謝罪は無かったw

まぁワタクシも持ち歌を奪ったのだから、おあいこだなと思った。(てかみんな、酒でいい感じに記憶が抜け落ちてるらしい・・・)

ちなみに、上司だけは記憶が鮮明で「ぴろくんって、すごい歌知ってるんだねぇ!?」と言われてしまったので、

「・・・嫁がハマってましてぇ」と誤魔化しておいた(危なかったぜ・・・)

と言う訳で今回はここまで!
皆様、良いハモリ歌唱ををを!!