ヲサーンがコスしてカラオケとかw

/*文字ブル*/

 ヲサーンがコスしてカラオケとかw

コスプレしてカラオケで歌っているヲサーンです。

デスノート。

スポンサードリンク

三男のお話ををを

レッツ、デスノート
おさっぴろでぇす。


我が家には男子が3人居る。今回はそのうち三男(小1)の話だ。


彼は最近、よくマンガを読んでいる。
f:id:osappiro:20170709050402j:plain



しかしお兄ちゃん達のマンガを読んでるせいか・・・。
f:id:osappiro:20170709042739j:plain



言う事が「中二病」っぽくなってきた。
f:id:osappiro:20170709052435j:plain



それはいいとして、彼は本を片付けない。
f:id:osappiro:20170709044110j:plain



宿題も言われないとやらない。
f:id:osappiro:20170709055506j:plain



嫁が怒ってもすぐ元通り・・・。
f:id:osappiro:20170709054143p:plain



そんな状態であった。


三男に諭す

ワタクシは三男に言った。

「読んだら片付けて、宿題もやろうね?」
f:id:osappiro:20170709042831p:plain
父親のイメージ)



彼は答えた。
f:id:osappiro:20170709044913j:plain



こうして、しばらくの間は平和だった。
しかし、数日後・・・。



あっけなく元に戻っていた・・・。
f:id:osappiro:20170709044110j:plain



宿題もほったらかしで、中二病全開だった。
f:id:osappiro:20170709054743j:plain



これにはワタクシも・・・キレた。
f:id:osappiro:20170709044414j:plain


三男に怒る

二度目なので、今度は強く言った。

「どおしてやらないのッ!?」

(怒り親父のイメージですw)


すると三男は答えた。
f:id:osappiro:20170709055042j:plain



あまりにベタな答えにワタクシは激高し・・・。



「言い訳するんじゃあないッ!!」


と吼えた。するとようやく、



さすがの三男も謝った・・。
f:id:osappiro:20170709055417j:plain



こうして、この件は終わった。


家の中に「デスノート」が・・・。

翌晩遅く、仕事から帰宅すると机に何かが置いてあった。


デスノート
f:id:osappiro:20170709055729j:plain



「・・・・・・・・」
f:id:osappiro:20170709042831p:plain


デスノート!?」
f:id:osappiro:20170709060323p:plain


デスノート」はあまりにも有名だけど、念のため以下に記す。


名前を書いた人間を死なせることができるという死神のノート「デスノート」を使って犯罪者を抹殺し、理想の世界を作り上げようとする夜神月と、世界一の名探偵・Lたちによる頭脳戦を描く。

引用元:「DEATH NOTEWikipediaより。


「ま、まさか・・・このノートにワタクシの名前が!?」
f:id:osappiro:20170709062950p:plain
(こ・・こ◯す気か!?)



おそるおそる表紙をめくってみた。
f:id:osappiro:20170709063808j:plain



・・・リューク!?
f:id:osappiro:20170709063126j:plain



何故か「ちきゅう」の絵もwww
f:id:osappiro:20170709064012j:plain
(世界征服か!?)



他のページも見てみた。
f:id:osappiro:20170709064051j:plain



しかし特に変哲のない、子供の落書きしか無かった・・・。
f:id:osappiro:20170709064448j:plain


取り越し苦労だったのか!?


手紙が出てきた

ところが、一番最後のページに紙が挟まっていた。
f:id:osappiro:20170709064234j:plain



それは・・手紙だった。
f:id:osappiro:20170709064758j:plain


中身は、ワタクシと嫁と、家族みんなにあてた三男からの手紙だったのだ。内容はこうだ。

パパへ

きのうはごめんなさい。
いつもありがとう。あそんでくれてありがとう。

いつもたのしいよ。うれしいよ。だいすきだよ。

f:id:osappiro:20170709065842j:plain


嫁にも家族にも、同じように謝罪と感謝の言葉が書いてあった。
きっと、普段言い出せない自分の想いを、小さな手で一生懸命書いてくれたのだろうな・・・と思った。

そんな三男の心遣いにワタクシは・・・泣いた。
小さいながらに、一生懸命考えて行動してくれた事が、何よりもうれしかったのだ。


シメのひとこと

と言う訳で、三男は片付けと宿題はしっかりとやってくれるようになった。

また念のために書くが、先日の「デスノート」は、怒られる前から既に持っている、ただの落書き帳だったらしい。


こんな三男だが、中二病のセリフは相変わらずだ。

f:id:osappiro:20170709071352j:plain

と言う訳で、今回はここまで!
皆様、良い「デスノート」ををを!!