ヲサーンがコスしてカラオケとかw

/*文字ブル*/

 ヲサーンがコスしてカラオケとかw

コスプレしてカラオケで歌っているヲサーンです。

【ちょっとコワい話】ヲサーンの「コワいお面」の話。

スポンサードリンク

ちょっとコワい話を書く

レッツ、ちょっとコワい話。
おさっぴろでぇす。


さて今週のお題は「ちょっとコワい話」
しかしこの「ちょっと」というのが難しい。コワい話に、ちょっとなんてさじ加減は無いと思うからだ。


「・・・うーん。ちょっとコワい話かぁ」
f:id:osappiro:20170806225953j:plain



「・・・・・・」
f:id:osappiro:20170806230012j:plain



「あった!!」
f:id:osappiro:20170806231702j:plain


コスプレにお面を被るようになった理由

f:id:osappiro:20170806233358j:plain

ちょっと怖い話というのは、他ならぬワタクシが被っているこのお面の話だ。

このお面のせいで、ワタクシのコスプレ姿は人からよく「コワい」と言われる。けれども、コワいのを目指すつもりなんてなかったのである。もともとのワタクシの憧れはこうだ。


「お人形のように美しい女性になりたい」
f:id:osappiro:20170806235942j:plain


だから当初は、顔出しでコスプレしていたのだ。(←公開はしてないw)けれども自撮りした画像を見て思った。


「き、キモチワルイな・・・」と。


やはり現実は厳しい。・・・ワタクシは急遽顔を隠す必要に迫られた。これがお面を被ったきっかけだ。


中国で買ったお面を被る

ワタクシはかつて、仕事で中国に駐在していた。
その時、現地の玩具店でコスプレ衣装や道具をよく買っていた。


その中にこのお面(ラバー製)があった。
f:id:osappiro:20170806235502p:plain
(引用元:https://world.taobao.com/

このお面の名前は「白面美女」と書かれていた。なんとなく「仮面舞踏会」に出てきそうな趣の面だった。被ってみると・・・。


「あらー!良く似合うじゃない」
f:id:osappiro:20170807000236j:plain


勘違いも甚だしくてゴメンな。少なくとも自分では「似合う」と思ったんだよ。
多くの人はそう感じないかもしれないが、少なくともゴツイおっさんがコスプレするよりか「女性らしさ」を感じられるようになったのではないかな?


仮面舞踏会の面はコワいの!?

さてここからが本題。

冒頭に書いたけど、自分がお面を買った時「仮面舞踏会に出てきそうな・・」と思った。けれども、皆が言うようにこれが「コワいお面」だとしたら。

どうして、仮面舞踏会でコワいお面を、被るようになったんだろうね?

もしかしたら当時の人たちって、実はワタクシと同じような感覚を持っていて、これが「美しい」とか思っていたんじゃないか?って。そう考えたら気になって仕方が無くなった。


そこで仮面舞踏会について調べてみたよ。

仮面舞踏会(かめんぶとうかい)は、仮面をつけ身分素性を隠して行われる舞踏会のこと。

起源は、中世後期のヨーロッパ宮廷。

(引用元:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BB%AE%E9%9D%A2%E8%88%9E%E8%B8%8F%E4%BC%9A


やはりね!中世後期のヨーロッパが起源かぁ。
ワタクシ、エドガー・アラン・ポーの「赤死病の仮面」という話が大好きだったからね。あれも仮面舞踏会だったよね。

特にヴェネツィアでは、仮面をかぶって行われる「ヴェネツィアのカーニバル」の伝統と結びついたため人気を博した。


ほうほう、イタリアのヴェネツイアで人気を博したのか!
ちなみにその「ヴェネツイアのカーニバル」の画像があった。以下に貼る。



f:id:osappiro:20170807003938j:plain



怖っっ!(((( ;゚Д゚)))

・・・これはさすがに「コワい」としか感じないwけれども衣装は凝った作りだね。


もうひとつ当時の画像を載せようか。
これはベネツィアからロンドンに渡り、18世紀後半に大流行した仮面舞踏会の画だ。

f:id:osappiro:20170807005309j:plain




「よく見えんな・・・」
f:id:osappiro:20170807005324j:plain



(一部拡大)
f:id:osappiro:20170807005348j:plain




「ウワーッ!?おっかねーッ!!」

f:id:osappiro:20170807005459j:plain



このように、仮面舞踏会のルーツを探っても「コワいお面」が多かった事がわかった。しかしながら、何故彼らがそれを被ったのか?についての言及は見受けられなかった。


ハメをはずしたかっただけなんだ・・・!?

だからここからは、ワタクシの想像で書いてみる。

仮面舞踏会のルーツにおける解説文の中に「仮面舞踏会反対派の意見」があった。以下に引用する。

道徳や倫理を麻痺させるという厳しい非難が各界から浴びせられ反対運動も起こった。


なるほど、大流行するくらいだから当然アンチも居る訳か。

そして当時の仮面舞踏会とは、ハメをはずしてバカ騒ぎする(=道徳や倫理を忘れる)という事だったんだな。なんだ、楽しい事じゃあないか。


こうなると以下の推測が出来る。

おそらく当時の人たちは、美しいものではなく、むしろ奇抜さを仮面舞踏会に求めていたのではないだろうか?

こうする事でより日常のしがらみを忘れ、楽しさに没頭する事が出来ると言う訳だ。

だから、お面も一見するとコワいくらいのほうが、見る人に「より強烈な印象」を与える事が出来るはずだ。


と言う訳で、仮面舞踏会のお面は「美しい」ではなく「怖い・奇抜」が正解ッ!!
f:id:osappiro:20170807011352j:plain



「・・・でも、うれしくねー!!」
f:id:osappiro:20170807073129j:plain
(やっぱりコワいんじゃないか!)


シメのひとこと

と言う訳で、ちょっとコワい自分のお面の話でした。

どなたか仮面舞踏会で、こういうお面を被るルーツをご存知の方が居たら教えてください・・・。

それでは今回はここまで!
皆様、良いお面被りををを。