ヲサーンがコスしてカラオケとかw

/*文字ブル*/

 ヲサーンがコスしてカラオケとかw

コスプレしてカラオケで歌っているヲサーンです。

【カラオケ本人映像】これからのカラオケは「本人映像」がマストだな!

スポンサードリンク

カラオケの本人映像がずいぶん増えた

f:id:osappiro:20170817214424p:plain

レッツ「カラオケ本人映像」
おさっぴろでぇす。

カラオケには、本人映像というものがある。
名前の通り、曲の歌い手本人が映像に登場するものだ。

もともとカラオケには、オリジナルの動画がつきものだった。スナックで男女が恋に落ちるとかのあの動画だよw

あれはあれで、味わいがあったと思うが、最近は本人映像がずいぶん増えた。
と言う訳で、今回は本人映像に関するお話。


本人映像には絶大な効果がある

f:id:osappiro:20170817212523j:plain
(DAMの本人映像選択画面)

ここでたとえ話を書く。あなた様は、仕事の付き合いでカラオケに行った。

悪いことに、あなたの前に歌った人がとても上手でみんなに大ウケだった。この次はあなたの番だけど、歌い始めた途端、皆がスマホをいじりだしたり、トイレに立ったらヤダなぁ・・・と思った。

このような経験はないだろうか?(ワタクシは、あるw)そこで「本人映像曲」の出番だ。

歌は耳で聴くものだが、目はみなモニター画像を見ているはず。ここで的はずれなオリジナル動画が流れているのと、歌手本人の映像が流れているのでは「注目度」に大きく差がつくだろう。

少しでも、自分の歌に耳を傾けてもらいたければ、皆の目を、モニター画像に釘付けにする必要がある。だから本人映像で歌うべきなのだ。


ひとりカラオケでも本人映像はおススメ!

f:id:osappiro:20170817212732j:plain
(JOYSOUNDの本人映像選択画面)

ここまでは、複数カラオケの話を書いたが、ひとりカラオケでも本人映像の方が絶対楽しい。

だって、大好きなあの曲が本人映像だったら、感情移入度が違うでしょ?

最近は「歌手のLIVE時の映像」が流れる曲もあったりする。これで歌えば、まるで歌手本人と一緒に歌っているような感覚になれる。

だからひとりカラオケでも、本人映像の曲をたくさん知っていれば、より楽しめるはずだ。

しかしカラオケで、人の歌唱履歴を見てみると、本人映像で歌っている人が意外に少ない。皆、本人映像が増えている事に気づいていないのかしら?とすら思う。


本人映像が多いのはどちらのメーカー?

f:id:osappiro:20170723034103p:plainf:id:osappiro:20170817213320p:plain
(画像引用元:DAM[http://chubu-sound.com/html2/dam-xg7000.html}MAX2https://max.joysound.com/

と言う訳で、ここからはカラオケメーカー別に見ていこう。2017年現在、日本のカラオケメーカーは2社しかない。第一興商の運営するDAMと、エクシングの運営するJOYSOUNDだ。

まず結論から書くが、2017年8月現在、本人映像の総数は圧倒的にDAMの方が多い。

けれども全体数がいくつなのかは、多すぎてわからなかった。先日店で数えてみたが、DAMの場合頭文字「あ」だけでも800曲近く本人映像があるのだ。これを50音全て数えるのはシンドイ。


とか思っていたら、カラオケ機器販売会社のWebページに、曲数の記載があった。以下に引用する。

 ・LIVEDAM STADIUMが約14,000曲。
 ・JOYSOUND MAXが約10,200曲。

(引用元:http://www.megumi-k.jp/karaoke/

この情報に基づけば、実にDAMの方が4,000曲近く本人映像が多いという事になる。

ここまでは良いだろうか?


自分の好みでカラオケ機種を選ぼう

f:id:osappiro:20170817214610p:plain
(画像引用元:https://max.joysound.com/

とは言え、本人映像の曲数だけでDAMの方が良いと決めるのは早計だ。

何しろ曲数全体で言えば、DAMよりもJOYSOUNDの方が圧倒的に多いからだ。

7月に登場したJOYSOUNDの最新機種「MAX2」と、DAMの「LIVEDAM STADIUM」を比較した場合、JOYSOUNDの方がなんと7.7万曲も曲数が多いのだ。

どうしてこれほど数に差があるの?と思われるだろうが、JOYSOUNDは、もともとマニアックな曲が多いうえに、アニソンやゲーム関連、そしてボカロ曲が突出して多いのだ。これらの差が、上記の数字に反映されていると思う。

これらの事実からして、DAMの方が本人映像曲が多いのは、おそらく前述した(マニアックな曲以外)での本人映像が多いのだろう。

推測になるが、おそらくオーソドックスな、J-POPの本人映像曲が多いのではないだろうか?

だからあなた様が、どういう曲を好んで歌うかで、同じ本人映像のカラオケでも選択肢が分かれるのだ。


まとめると、

 ・JーPOP ならLIVEDAM STADIUMの
   本人映像で歌おう。

 ・マニアックな曲やアニソンやゲーム関連、
  ボカロ曲なら
JOYSOUNDの本人映像で歌おう。

このようになる。

もっと言ってしまうと、冒頭の「仕事のつきあいカラオケ」の場合、DAMの方が無難だけど、あなた様の好みがマニアックならJOYSOUNDの方が良い。
こんな感じだろうか。


せっかくなので、おススメの本人映像曲を紹介する

さてここからは、おススメの本人映像曲を紹介しよう。
あくまでワタクシの独断でセレクトしたものなので「ナニこれー」とか「古い」とか言わないでネw

あなた様が、これからカラオケ機種を選ぶ参考にしてくれたらうれしい。


アンジェラ・アキさん


DAMとJOYSOUNDの「本人映像」の内訳は以下の通り。


・DAMで7曲
・JOYSOUNDで5曲


しかし、彼女の曲のお目当てと言えばやはり、「手紙 ~拝啓 15の君へ~」だろう。

女性向けの曲ではあるけど、男性が歌っても決しておかしくはない。また母親世代が歌ってもいいが、息子(娘でも可)が親に向けて歌ったら、感動で泣いてしまうのではないか?

そして決め手は、DAMにもJOYSOUNDにも本人映像が用意されている点かな。


ガガガDXさん

www.youtube.com

お次はガガガDXさんの「にんげんっていいな」だ。

動画でもわかるように、この曲はメチャ盛り上がる。会社の飲み会で使っても楽しいゾ。
原曲は大昔の「まんがにっぽん昔ばなし」に流れてた曲だが、このアレンジ版は、不思議と古さを感じさせないのがイイ。

但し、この曲はJOYSOUNDにしか本人映像がない。
こういう曲があるところが、JOYSOUNDのいいところかなァーと思う。


つるの剛士さん

お次は、つるの剛士さんだ。

この方をおススメする理由は、「ポケモンのテーマソング」などで、若者に幅広く認知されているにも関わらず、いわゆる昔のカヴァー曲ばかりを歌われている点だ。

つまり幅広い世代に認知されているので、複数カラオケの本人映像用には、うってつけなのだ。しかもレパートリーには男性曲も女性曲もある。こういう歌い手はなかなか居ない。これが理由だな。

DAMとJOYSOUNDの「本人映像」の内訳は以下の通り。


・DAMで7曲
(内訳:糸・M・GLORIA・foryou・未来予想図Ⅱなど)

・JOYSOUNDで10曲
(内訳:オリビアを聴きながら・シングルベッド・時の流れに身をまかせ・未来予想図Ⅱ・ラブイズオーヴァー・レイニーブルーなど)


みやぞんさん

最後は、今をときめく人気芸人のみやぞんさんだ。
なんとJOYSOUNDだけに、彼の「本人映像」の動画がある。

曲名は「牛にどつかれた」という曲だ。以下に動画を貼っておくから、今から練習して歌ってみるのもいいかもしれないw

www.youtube.com


シメのひとこと

今回はカラオケの「本人映像」で楽しく歌おうと言う記事を書いた。

全ての曲に本人映像が適用される日はくるのかな?

それでは今回はここまで!
皆様、良い本人映像カラオケををを!