ヲサーンがコスしてカラオケとかw

/*文字ブル*/

 ヲサーンがコスしてカラオケとかw

コスプレしてカラオケで歌っているヲサーンです。

「もうひとりの俺」

スポンサードリンク

矢沢永吉さんの「もうひとりの俺」

レッツ、カラオケシンギング!
おさっぴろでぇす。

矢沢永吉さんの曲に「もうひとりの俺」という曲がある。
リリースは1996年。既に21年も前の曲だ(←ここ覚えといてね)


冒頭の歌詞は以下の通り。

夜更けにひとりで思い出す・・・今も。
何の不安もなかったあの頃。


矢沢永吉さんを聴かないという人でも、この曲を知ってる人は多いと思う。
その昔、サントリーの缶コーヒー「ボス」のCMで起用された曲だからだ。

f:id:osappiro:20171008072103p:plain

(引用元:https://www.youtube.com/watch?v=zditqRm7kEc動画より)

CMはいくつものバージョンが制作されたが、矢沢さんがサラリーマンの格好をしているのが斬新だったな。


では次に、この曲のPV動画を貼る。

www.youtube.com

(配信者:ootsuka shibata)

カラオケでこの曲を歌うと、本人映像でこの動画が流れる。
そしてこの動画には、ちょっと面白い仕掛けがある。それは「登場人物の年齢が表示される」事だ。



例えばこれ。


f:id:osappiro:20171008072356p:plain
(以下画像は全て上記動画より引用)

f:id:osappiro:20171008072410p:plain


二人の男女の名前が、年齢付きで表示される。
スマホだとちと見えにくいかもしれん、、)


f:id:osappiro:20171008073356p:plain

そして二人はいい仲で、女性が強いというのがこのシーンでわかる。



次にこれ。

f:id:osappiro:20171008073852p:plain

f:id:osappiro:20171008073902p:plain

暴走族風の少年3人が、これまた年齢付きで表示される。


もうお分かりだと思うが、冒頭の歌詞「何の不安も無かったあの頃」とは、若かったあの頃を指している事が、これらのシーンからわかる。


今、この人達何歳だ!?

動画に登場している人達は、概ね若い。

しかし21年も経った今や、皆「おっさん・おばさんのはずだよなァ!?」と思ってしまう。



例えばこの人。

f:id:osappiro:20171008074809p:plain

f:id:osappiro:20171008074936p:plain

動画では22歳だけど、今や43歳(のはず)

(ほぼ倍じゃん!!)



次にこの二人。

f:id:osappiro:20171008075726p:plain

f:id:osappiro:20171008075738p:plain

動画では16歳だけど、今や38歳(のはず)

(倍以上じゃん!!)


いやはや、じつに長い時間が経ってしまったねぇ・・・。


時間は止められない・・・

この動画を見てわかること。

当たり前だけど、時間の流れは止められないのだ。
動画を見ながら歌うたびに、登場人物の年齢表示に目が行く。

すると「今は◯◯年だから・・・ああもうこの人◯◯歳じゃん!」って思ってしまう。

そして、時間が経つのって早いよなぁ・・・としみじみ思いつつ、若かった自身のあの頃ってどうだったろう!?とも思うのだ。


それを思い出したところで、どうする事も出来ないけど。
だけど、その頃の自分を思い出してニヤニヤしたり、寂しくなったりする。この瞬間こそ、いいと思うのだ。



歌はこころ。

感情を目一杯、剥き出しにして歌ってこそ楽しい。
だから、感情が剥き出しだった「若い頃の自分」を思い出せるような曲こそいい。


あえて、登場人物の年齢を表示させる。
狙ってやっていそうなところに、矢沢永吉と言う人の、才能の深さを感じてしまう。


ちなみに動画の最後で、矢沢さん本人の年齢も表示されるので、よろしければ動画を見てみてね。


シメのひとこと

なお翌年1997年には、あの有名な「時間よとまれ」という曲もリリースされたな。

この曲は当時「恋愛の曲」だと信じて疑わなかった。

しかし今、歌詞の「この女に賭ける」の「この女」が、もしも「もうひとりの俺」だったとしたらどうだろう・・!?


そんな想像をしながら、カラオケを歌うのもまた楽しい。

それでは今回はここまで。
皆様、良い歌唱ををを!