ヲサーンがコスしてカラオケとかw

/*文字ブル*/

 ヲサーンがコスしてカラオケとかw

コスプレしてカラオケで歌っているヲサーンです。

カラオケでコスプレして歌っているヲサーンですが、20年勤めた会社を辞めて転職しました。

スポンサードリンク

20年勤めた会社を辞めました

レッツ、転職!
おさっぴろでぇす。


と言う訳で、会社辞めました!

ちなみに、嫁と子供3人居ます!
住宅ローンも残ってます!!


http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/o/osappiro/20170917/20170917075200.jpg

どーしよ!?死ぬの?ねえボク死ぬのッ!?


http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/o/osappiro/20170917/20170917073702.jpg?1505601634

・・・・・・・・・・・・


http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/o/osappiro/20170917/20170917075200.jpg

どーして黙ってるのッ!?


http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/o/osappiro/20170917/20170917075122.jpg

・・・てかさー、辞めたの8ヶ月前じゃん?


http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/o/osappiro/20171117/20171117095649.jpg

はっ!?・・・そうでした!


http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/o/osappiro/20170917/20170917084455.jpg?1505605509

同時に転職して、今日まで死に物狂いだったじゃん?


http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/o/osappiro/20170917/20170917075200.jpg

ブログの更新も減りました・・・。


http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/o/osappiro/20171117/20171117094418.jpg

でも、ようやく慣れてきたって言ってたじゃん?


http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/o/osappiro/20170917/20171117095840.jpg

そう!会社が楽しい。辞めてよかったー!

と言う訳で、辞めたのは今年の3月の話だ。
その後、4月から転職して、約8ヶ月を頑張った!

☝ 今ココだ。☝

ようやく落ち着いたこのタイミングで、転職話を記事にする事にした。
では、いってみよう!


どうして辞めたのか?


http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/o/osappiro/20170917/20170917073702.jpg?1505601634

・・なんで辞めたんだっけ?


http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/o/osappiro/20171117/20171117095649.jpg?1505601847

やっぱ、人間関係と将来性・・かなァ!?

ワタクシは、いわゆる広告代理店に居た(←大手ではないw)

ここでは営業も、内勤も、海外駐在も、それこそなんでもやった。若い頃は仕事が楽しくて仕方なかった。忙しかったけれど、それも人生のこやしと思って、なんでもチャレンジしてたんだ。

また、会社の人もいい人ばかりだった。みんな優しくて助け合ってたよ。ワタクシがマイホームを購入した時は、当時の社長が奥様を連れて、わざわざお祝いを持ってきてくれたっけ。本当にいい会社、いい人達だったよ。


けれども、会社って変わるんだよねー・・・。

20年も居ると、その変化がまじまじとわかった。
社長は立派な人だったけど、ワンマンだったから人材を育てられなかった。結果、イエスマンの幹部だらけになり、有能な人はどんどん辞めていった。

ワタクシはと言えば、とにかく忙しすぎた。
若い頃は楽しかった忙しさも、結婚して家族が出来れば、だんだん苦痛になる。もっとも酷かったのは、子供が産まれた翌日から、長期の海外駐在に行かねばならなかった事だ。

この事は、嫁には今でもすまないと思っている。
このように、やればやるほどキツくなっていく状況に、会社は変わっていった。


将来にも不安があった


http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/o/osappiro/20170917/20170917075129.jpg

管理職になったら、何故か給料下がったね・・・。


http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/o/osappiro/20170917/20170917075200.jpg

残業代が無くなったからね・・・。

会社は業績が悪くなると、実に殺伐としてくる。

かつて団結力のあった社内は、仕事の丸投げが横行し、皆モチベーションが下がっていた。そして昨年、とうとう営業利益が赤字になった。

けれどもワタクシは、すぐに転職を考えた訳ではない。一応管理職だったので、他の管理職と組んで、会社に問題点を上申した。けれども、この時社内のトップは、先代社長の息子に移行していた。

この人は、いわゆる働くのがキライな人だったので、上申はことごとく握りつぶされ、ワタクシは出世コースから外された。

こうして、この頃から「転職」という文字が、頭に浮かぶようになった。


降格され、工場に飛ばされる


http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/o/osappiro/20171117/20171117104756.jpg

まだまだ、これだけじゃないんですよ!


http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/o/osappiro/20170917/20170917075129.jpg

涙なくして見れない・・・。


そして更に、追い討ちをかける出来事が起こる。

ワタクシはあるプロジェクトを失敗し、会社に多大な損害を与えてしまう。いわゆる海外との取引で、相手先の会社が、取り決めを履行しなかったからなのだが、その担当はワタクシであった。

自分の失敗を言い訳するつもりはないが、金額の大きなプロジェクトだったので、専務(社長の息子)以下、ワタクシの上司も、他の幹部も皆関わっていたプロジェクトだった。

にも関わらず、降格されたのは、ワタクシと上司の2名だけ。他の関係者は、いっさいお咎めナシだった。

しかも、上司は部署に残る事が出来たが、ワタクシだけが担当を外されて、地方の工場に飛ばされるハメになった。

ドラマでしか見た事のないような出来事が、自身に降りかかったのだ。・・・全体朝礼で降格辞令をもらった時は、辛かったなw

これがワタクシの、転職の決め手となった。


転職活動をはじめる


http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/o/osappiro/20170917/20170917084455.jpg?1505605509

会社探し、長くやってたよねー?


http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/o/osappiro/20170917/20170917074354.jpg?1505601847

家買うのも、会社探すのもじっくりやるのがいいと思ふ。


本当は、工場に飛ばされた時点で、スパッと辞めればよかったのだと思う。けれども正直なところ、辞めるのが怖かった。理由は20年も会社に居たから。

ここまで長いと、相当つらい事があっても「会社を辞める事が、まずありえない!!」と思ってしまうのだ。

ワタクシはこれを「会社依存病」と呼んでいる。そして自身もこれに罹患していた。だから、ワタクシが最初にとった行動とは、飲みに行って、会社の事を愚痴る事しか出来なかったのだ(←つくづくダメ親父であるw)

とは言え、社内の人には転職の事は言えない。だが20年も勤続していると、社外にも気の会う人が出てくるものだ。そういう人達と飲みに行って愚痴ると、中には新たな会社の情報をくれる人もいる。

このおかげで、ワタクシは「転職エージェント」を使わなかった。今思えば、知り合いとはつくづく有難いものである。


同業他社ばかり探す


http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/o/osappiro/20171117/20171117094418.jpg

年収3千万持ってきて!!


http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/o/osappiro/20170917/20170917075200.jpg

旅に出ます・・・。

こうして知人の情報を基に、会社訪問をはじめた。とは言え本業があるから、休みを取って訪問する必要があった。

幸い(?)飛ばされた工場ではすぐに仕事に慣れ、余暇を作り出して訪問する事が出来た。

ワタクシ、最初はとにかく同業他社ばかりを探していた。

というのも、やはり給料の問題である。ヲサーンは、家族を養っていかねばならないのだ。つまり即戦力にならねば、必要な給料をもらえないからだ。

けれども同業は、どこもキツそうな会社ばかりだった。すぐに八方ふさがりになり、ワタクシは凹んだ。

それでも実際に会社を訪問したり、担当に会ったりした事は、もの凄く勉強になった。

セールスシートを作る

f:id:osappiro:20171117123134p:plain
(↑ 顔写真はハメコミですw)
f:id:osappiro:20171117123153p:plain

訪問の際、当初は履歴書しか持参しなかった。しかし、訪問を重ねるうちに「セールスシート」を持参するようになった。

画像を載せたが、セールスシートとは、まず自身のプロフィールを1枚にまとめる。次に、自身がどんな仕事をしてきたか?他人が見て明快にわかるよう、写真などを入れて「1ページ=1仕事」でまとめる(全部で10ページくらいになった)

最後にここが肝心だが、自身の経験を基に、新たな会社で何をしたいか?を書いて結ぶ。

ワタクシのプロフには、自分をわかりやすくするための「キャッチコピー」を入れた。ワタクシがもっとも得意とした業務は、海外生産品の手配・管理だったので、以下のコピーにした。

「ひとことで言えば、モノ作りが得意なおじさんが私です」

笑っちゃうようなコピーだが、自身を商品と考えれば、コピー化は大事だと思う。

例えば、自販機で飲料を買う時にも、あらかじめ心に決めた商品が無ければ、知らず知らずのうちに、POPなどのコピーに目が行く。そして商品イメージを刷り込まれ、購買意欲につながるのだ。

こうして、セールスシートを作りこんでいった。

但し、一番最後の「やりたい事」は、本当に自身が行きたい会社に出会うまでは「とりあえず的な内容」になってしまった事は否めない。それでも、セールスシートを作ることで、自身の強み・弱みを整理出来た事は良かったと思っている。

希望の会社に巡り合う


http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/o/osappiro/20170917/20170917084455.jpg?1505605509

ぶっちゃけ好きな仕事ってナニ?


http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/o/osappiro/20170917/20170917075145.jpg

コスプレ出来る仕事!!(うそw)

ワタクシは同業他社に行くのをやめ、異業種を紹介してくれる人を探した。ここまでで、だいたい一年くらいの月日が経っていた。しかし異業種となると、なかなか「これ!」というのが無い。そして紹介もすぐに尽きる。

そうこうしていくうちに、会社の業績もどんどん悪くなり、手当ても減らされていった。ワタクシはあせりはじめた。いっそ「転職エージェント」を使おうかと思った矢先、ある人から紹介があった。ココこそが、現在お世話になっている会社だった。

この会社は、ひとことで言えば「サービス業」だ(ちなみにカラオケ業界ではないw)全くの異業種であったが、仕事の内容にはとても魅かれた。

ただし給料がいくらもらえるか?の情報が無く、何とか管理職での採用を、検討してもらえないか?と思った。そこで再びセールスシートを作りこんだ。特に「やりたい事」の部分をだ。

面接はすぐにしてもらえた。これまで10社くらい訪問しており、場慣れしていたのでスムーズに出来た。特に「やりたい事」については、これまで以上に熱くプレゼンする事が出来た。こうして担当面接は無事乗り越えた。

ここでラッキーな事がある。この会社は業績が良好で、営業拠点もここ数年で急増していた。募集要項には無かったが、管理職も不足しており、そこでの採用を検討してもらえる事になったのだ。まずは狙いが当たって良かった!と思ったものだ。


役員面接、そして・・・

役員面接で、再び「やりたい事」を説明した。担当面接の時よりあれこれツッコまれたが、わからない事は素直にわかりませんと言い、無理に繕う事は避けた。

しかし、ここでの最大の課題は「給料の交渉」をしなければいけなかった事だ。

ワタクシは当初「年収1,000万下さい!!」と言いたかったが、さすがに言えなかったw

結局、正直に前職の給料を告げ「もし、これだけいただけるなら幸いです・・」とだけ言った。それでも、実際未経験なので「給料は下がるだろうなぁ・・・」と思っていた。

こうして役員面接も終わった。この日はひとりでカラオケに行き、酒を飲みながら昔の歌を歌いまくった。結果は出てないが「やり遂げた」のがうれしかったのだ。


http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/o/osappiro/20170917/20170917075137.jpg

家族にナイショで、カラオケに行くんじゃない!!


http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/o/osappiro/20170917/20170917075200.jpg

・・・す、すみませんッ!?


結果は数日後に出た。これまで本当にいろんな事があったが、ワタクシは今の会社で・・・採用が決まった!!

しかも、給料は前職と同額となった!(←手当て下げられる前ねw)・・・実はこれが一番ほっとしたなァ!

同時にここの代表から「未経験ではありましたが、セールスシートの内容を見て、管理職の採用を決めました」との言葉をいただいた。実際、履歴書以外の資料を持参したのは、ワタクシだけだったらしい。

「熱意を買ってもらえて良かったな・・・」と心から思った。もし転職しようとお考えのヲサーンが居たら、是非自身のセールスシートを作ってみたらいいと思う。


最後に

と言う訳で、これがワタクシの転職話だ。

20年も居た会社を辞める事は、大変な不安があったし、一刻も早く辞めたいとは思ったが、結局いろいろ見て回ったのが、幸いしたと思う。特に給料を下げないで、異業種に入ることが出来たのは、最大の幸運だった。

しかしもうひとつ。ここで書きたい事がある。

転職期間中は、家族が・・・特に嫁が支えてくれた事だ。実際、夫が会社を辞めたいと言えば、嫁も不安だったはずだ。収入が下がるかもしれない訳だから。

うちは、ワタクシの収入だけで食べており、嫁は未だに専業主婦のままだ。けれどももし、転職で給料が下がったら、おそらく彼女は働きに出るつもりだったと思う(←何も言わないけどw)

不安だったワタクシを、いつも冗談交じりに支えてくれた嫁には、ワタクシは一生頭が上がらない。


http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/o/osappiro/20171117/20171117094418.jpg

ありがとう!じゃ、年収3千万持ってきて!!


http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/o/osappiro/20170917/20170917075200.jpg

た、旅に出ます・・・。

シメのひとこと

f:id:osappiro:20171117175058p:plain

それでも未経験だったから、やはり今日までの日々は大変だった・・・。

特に仕事を覚える事とか、新しい職場のルールとかがね・・・。

けれども言いたい。

会社辞めて良かった!
転職して良かった!!


ワタクシはカラオケでコスプレして歌う、変わり者のヲサーンだ。

けれども今のワタクシは、やりがいある仕事と、最愛の家族に囲まれ、誰よりもシアワセだと思っている。

この記事を読んでいる、世の中のヲサーン達へ。
大丈夫!会社を辞めても、きっと道はあるゾ。

と言う訳で、今回はここまで。
皆様、良い転職ををを!